マドリー主将のS・ラモスが「一度もなく」1年を終える。現地紙はデビュー以来初の快挙と報道

カテゴリ:メガクラブ

山本美智子

2018年12月31日

2017年にはリーガの歴代最多退場記録を更新。

リーガの最多退場記録を持つS・ラモス。一時期、頻繁に繰り出していた“肘鉄”はたしかに減った気もするが。(C)Getty Images

画像を見る

 12月30日、スペイン紙『Marca』がレアル・マドリー、エスパニョール、ベティスの3チームが、年間を通してレッドカードを1枚も受け取らなかったと報じている。

 とりわけ同紙は、数多くの試合をこなしているマドリーを取り上げ、ひとりの退場者も出さずに1年を終えたことを「至難の技」と称賛。この3チーム以外でこの記録を達成できたのは、ヨーロッパの主要リーグではドイツのボルシアMGのみだという。
 
 また、このニュースとともに、『Marca』が話題にしているのは、マドリーのキャプテン、セルヒオ・ラモスが一度も退場処分を受けずに2018年を終えたこと。S・ラモスは、2004年にセビージャのユニホームを身にまとい、ラ・リーガ1部にデビューしたが、同紙によれば、1年間を通して一度もレッドカード(2枚目のイエローカードも含む)をもらわなかったのは、初めてだという。

 これはもちろん、国内リーグだけでなく、チャンピオンズ・リーグやコパ・デル・レイを含めたすべての公式戦の成績だ。S・ラモスが2018年に出場したのは全部で46試合。内訳は、ラ・リーガが29試合、チャンピオンズ・リーグが10試合、クラブワールドカップが3試合、コパ・デル・レイが2試合、UEFAスーパーカップが2試合となっている。

 2017年12月、国内リーグだけで通算19回目の退場を命じられ、リーガの「歴代最多退場者」となったS・ラモス。これに懲りたのか、2018年はイエローカードこそ13枚受けたもののレッドカードはなかった。

 2019年以降も「退場ゼロ」の記録を更新できるか、注目したいところだ。

文●山本美智子(フリーランス)

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト12月12日号
    11月28日発売
    2019冬の移籍マーケット
    番記者が推奨する
    J1&J2全40クラブ
    「補強3か条」
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月5日発売
    ビッグネーム移籍
    「噂の真相」
    EURO2020最速ガイドに
    特製カレンダーも!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.29
    12月11日発売
    「2019選手権名鑑」
    男子出場48校・1437選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場32校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ