関西大から世界へ! J加入内定3選手が合同会見で決意表明!

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年12月27日

黒川、荒木が掲げた目標はワールドカップ出場だ!

黒川(左)、荒木(中央)、河野(右)。関西大の最終ラインを担う3選手が新たなステージで飛躍を誓った。写真:森田将義

画像を見る

 12月26日、関西大サッカー部から来季以降のJリーグ入りが内定している3選手の合同記者会見が行なわれた。

 登壇したのは広島に加わる荒木隼人、北九州へ入団内定の河野貴志、2020年からG大阪でプレーする黒川圭介だ。

 まず冒頭で、前田雅文監督が各選手のプレースタイルや特徴などをそれぞれ紹介。荒木については空中戦の強さに秀でていると説明し、「CBのポジションでプレーをしていて、一番の特徴は打点の高いヘディング。高さもあり、粘り強い1対1も魅力です。徐々にではありますが、フィードもよくなってきたので、そのようなところで貢献できます」と今後の成長に期待を懸けた。
 
 同じくCBを本職とする河野は、「強靭な身体を生かした1対1、打点の高いヘディングが一番のストロングポイントだと思います。攻撃も武器で右利きながら左足でも正確なロングキックが蹴れる。ビルドアップのところも含めて、可能性を秘めた選手です」と、課題だった足もとの技術にも進化の跡が見えると太鼓判を押した。
 
 大学3年生の黒川は攻撃力に可能性を感じており、「3年生でありながら、ユニバーシアード代表候補に入っています。彼の特徴は左利きのサイドバックでスピードを生かしたプレーができ、攻撃のところで魅力的な選手です。ビルドアップでもチームに貢献できる」と繋ぎの面でも違いを作れるとした。
 
 そして、3選手はそれぞれ意気込みをコメント。
 
「目標は1年目から出るのではなく、開幕から出場することを目標に取り組んでいきたいと思います。サンフレッチェ広島を代表する選手になり、日本代表としてワールドカップに出場することを目標に頑張っていきたい」(荒木)
 
「加入するにあたり、自分を選んでいただいたギラヴァンツ北九州のスカウトの皆様に感謝するとともに、自分が生まれ育った九州の地でギラヴァンツ北九州という素晴らしいチームの一員になれることをうれしく思います。ギラヴァンツ北九州はここ2年、J3において苦しいシーズンでしたが、来季こそは必ずJ3で優勝して、再びJ2の舞台で輝けるように自分の持っているすべてをチームに捧げ、全身全霊で戦います」(河野)

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト5月23日号
    5月9日発売
    2019年シーズン
    J1&J2序盤戦総括
    全1250選手「通信簿」
    高校サッカー別冊付録も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月16日発売
    WSD恒例企画
    2018-2019シーズン
    「BEST PLAYER」
    マンC優勝記念ポスターも!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.27
    1月18日発売
    全47試合を完全網羅!
    第97回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が2年ぶり制覇
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ