初めてのクラブW杯を終えた内田篤人の想い 「日本に帰ってまたレベルアップしないと」

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年12月23日

0-4の完敗。試合後の内田は敗戦にショックを受けながらも...

シャルケや日本代表で世界のレベルを身を持って味わってきた内田。今回の敗戦を今後にどう生かしていくのだろうか。(C)Getty Images

画像を見る

  12月22日、鹿島アントラーズはクラブワールドカップの3位決定戦でアルゼンチンのリーベル・プレートと対戦。まざまざと力の差を見せ付けられて0-4で敗れた。
 
 試合後、鹿島の内田篤人がフラッシュインタビューに応え、「僕たちは中2日、向こうは中3日。多少ゲームプランは持って入ったつもりだったのですが、セットプレーひとつで前半に(得点を)取られてから、プランが少しずつ自分たちに傾いてこなくなった」と内容を総括。体力的なハンデを計算してゲームに入ったものの、相手に与えた先制点が敗戦の要因になったと冷静に分析した。
 
 これでクラブワールドカップの戦いは幕を閉じた。結果は世界4位だが、何度も世界の猛者を向こうに回してきた内田はまるで満足していない。
 
「良いチーム(が来て)、良い環境(で戦える)。これだけ大きな大会ですし、この悔しさというか差を自覚して、日本に帰ってまたレベルアップしないといけない」
 
 改めて、世界との差を知った内田。今大会で味わった悔しさは来季を戦う新たなエネルギーとなり、自身を成長させる糧になったのは確かだ。
 
「ドバイまで足を運んでくださったサポーターの方もいますし、日本からテレビで応援をしてくださった方もいます。Jリーグを代表して戦ったのですが、こういう結果に終わったのは残念。また、日本のサッカー界のために、鹿島アントラーズのために働きたいと思います」
 
 ひとつずつ積み上げ、もう一度この舞台に帰ってくるために――。鹿島の背番号2は敗北を受け止め、再び走り出す。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト4月9日号
    3月26日発売
    2020年シーズン
    J1&J2全40クラブの
    陣容解剖
    &2大注目ポイント
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月2日発売
    海外番記者がランク化!!
    クラブ別レジェンド
    「完全格付け」
    最も貢献度が高かったのは!?
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ