今季は赤と青のストライプ――白星発進バイエルンの不思議なユニホームの伝統

カテゴリ:メガクラブ

サッカーダイジェストWeb編集部

2014年08月23日

数年でガラリとユニホームデザインが変わるバイエルンの歴史。

国内だけでなく、チャンピオンズ・リーグでも本命視されているバイエルン。過去2回のワールドカップ明けのシーズンでは、優勝国のクラブ(2006-07シーズンはイタリアのミラン、2010-11シーズンはスペインのバルセロナ)が欧州制覇を果たしている。この流れに続けるか。 (C) Getty Images

画像を見る

1995-96シーズンのチームのエースは現アメリカ代表監督のユルゲン・クリンスマン。現ドイツ・サッカー界の重鎮の多くが、このクラブのユニホームに袖を通してきた。 (C) Getty Images

画像を見る

 昨シーズン、圧倒的な強さでブンデスリーガを制したバイエルン。オフのワールドカップで世界制覇を遂げたドイツ代表に7人の選手が名を連ねていたこともあり、シーズン開幕前から大きな注目を浴びている。
 
 先の国内スーパーカップではカップ王者のドルトムントに敗れたものの、リーグでは大多数から優勝候補の筆頭。そして2013-04シーズン・ブンデスリーガの開幕戦となったヴォルフスブルクとの一戦では、バスティアン・シュバインシュタイガー、フランク・リベリといった主力が欠場、またワールドカップ出場組のコンディションが完全でない状態で、トーマス・ミュラー、アリエン・ロッベンのゴールで2-1の勝利。白星発進に成功した。
 
 既存の魅力的な戦力、2年目となるジョゼップ・グアルディオラ監督の高度な戦術、新加入ロベルト・レバンドフスキや17歳でデビューしたジャンルカ・ガウディーノなどの新顔が融合し、今シーズンもバイエルンがドイツ、そして欧州に旋風を巻き起こすことが期待される。
 
 さて、新たな戦いに突入したバイエルンだが、今シーズンは赤と青のストライプのデザインをファーストユニホームに採用。これは、リーグやUEFAカップ(現ヨーロッパリーグ)を制覇した1995-96シーズン以来となる。またアウェーユニホームについては、セカンドに白、サードに黒を採用している。
 
 バイエルンといえば、数シーズンごとにユニホームデザインが大きく変わることでも有名なクラブである。他のクラブを見れば分かるとおり、通常はチームカラーとともにデザインが決まっているものだ。レアル・マドリーなら白、バルセロナなら赤と青のストライプ、ユベントスならゼブラカラーのストライプ等々……。時とともにマイナーチェンジはあっても、伝統と歴史のあるクラブが基本デザインを変えることはない。というよりは、許されないと言うべきか。
 
 そんななかで、バイエルンは実に特殊と言えよう。赤一色、赤と白、赤と青のストライプ、ボーダー……。赤を基調にしているかと思えば、時には青や黒がメインカラーとなることもあるなど、とても同じクラブと思えないほどに装いを変えている。
 
 クラブの方針、営業的な理由(頻繁にフルモデルチェンジすればその都度多額の売上が見込める)など、いろいろな理由が推測として挙げられているが、はっきり言えるのは今やデザインの多彩さこそがバイエルンの伝統となっているということである。
 
 
【写真で見る】バイエルンのユニホームの変遷

バイエルンの場合は、ユニホームの変遷を見るだけでも面白い。 (C) Getty Images

画像を見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月18日発売
    2021 Jリーグ選手名鑑
    全57クラブを完全収録!!
    データ満載のNo.1名鑑
    ポケット版も同時発売!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2月25日・3月11日合併号
    2月10日発売
    J1&J2リーグ
    開幕ガイド
    順位予想、開幕戦の見どころ、
    今季の注目株etc を総ざらい!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    3月4日発売
    歴代レジェンドチーム
    最強はここだ!!
    1990年以降の「ナンバー1」を
    海外記者の投票で決定
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ