【写真でまとめ】14年夏の移籍市場 新天地を求めた選手たち

カテゴリ:ワールド

サッカーダイジェストWeb編集部

2014年07月19日

プレミア各クラブが費やした移籍金の総額はすでに600億円超。

ドイツのワールドカップ優勝に大きく貢献したクロースがレアル・マドリーへ。欧州の移籍マーケットが活況を呈している。 (C) Getty Images

画像を見る

 ブラジル・ワールドカップを制したドイツ代表の優勝メンバー、トニ・クロースがバイエルンからレアル・マドリーに移籍した。移籍金は推定2500万ユーロ(約35億円)で、6年契約を結んだ。
 
 このクロースのほかにも、チリ代表のアレクシス・サンチェスが推定3780万ユーロ(約53億円)でバルセロナからアーセナルへ移籍すれば、同じくバルセロナのセスク・ファブレガスはチェルシーに新天地を求めた。
 
 そのチェルシーは、セスクとともにスペイン王者のアトレティコ・マドリーからCFジエゴ・コスタと左SBのフィリペ・ルイスを獲得し、この3人に合わせて8200万ポンド(約140億円)を投じる大型補強を断行した。
 
 チェルシーを筆頭に、プレミアリーグの各クラブが費やした移籍金の総額は、7月18日の時点で3億6000万ポンド(約612億円)に及び、史上最大規模だった昨夏を大きく上回るペースだ。
 
 バルセロナはリバプールから8100万ユーロ(約113億円)でルイス・スアレスを獲得するなど、活況を呈する欧州の移籍マーケット。これまでに新天地を求めた主な選手を、お披露目の写真とともに振り返る。
 
【2014年夏の移籍市場 新天地を求めた主な選手】
【関連記事】
【要チェック】欧州主要リーグの2014-2015シーズン開幕スケジュール一覧
【移籍市場超速報】ヤンマートはニューカッスルへ移籍! R・マドリーはブラジルの逸材SB争奪戦に競り勝つ
「今夏の人気銘柄」イトゥルベを射止めたのはローマ
日本代表23人の新たなる戦い――夏の去就動向&ポジション争いを読む
ユベントス アッレグリ新体制が始動。カンドレーバ、パストーレが新戦力候補に浮上

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いざアジア王者へ!
    5月10日発売
    悲願のACL初制覇へ
    横浜F・マリノス
    充実企画で
    強さの秘密を徹底解剖
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズンラストの決定版
    5月16日発売
    2023-2024シーズン
    欧州5大リーグ
    BEST PLAYER
    元選手・識者たちが徹底討論!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ