「すごいことが起こった」「首位チームを打ちのめした」 宇佐美擁するデュッセルドルフの大金星を独メディア絶賛!

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年12月20日

ブンデス公式も宇佐美を称賛するが、逸機にはチクリ!

3試合連続出場でチームの2連勝に貢献した宇佐美。少しずつ調子も上がってきているようだ。 (C) Getty Images

画像を見る

 ブンデスリーガ第16節で、デュッセルドルフは2-1で首位ドルトムントに勝利した。

 この結果を受けて、ドイツ紙『Bild』は「すごいことが起こった!」とセンセーショナルに報じている。というのも、ドルトムントはシーズン開幕後15試合で無敗を誇っていたため、現時点では「デュッセルドルフがブンデスリーガで唯一、ドルトムントに土を付けたチーム」ということになるからだ。

「彼らは、リュシアン・ファーブル監督の率いるドルトムントを否定する。監督のフリードヘルム・フンケルは、守備的な戦術とドディ・ルケバキオという“飛び道具”を使った戦術で、首位チームを打ちのめした。彼らの“ドルトムント対策”は非常にうまくいったと言えるだろう!」(『Bild』)

 またブンデスリーガ公式サイトは、デュッセルドルフの勝利を称えるとともに、同クラブに所属する宇佐美貴史についても触れている。

「デュッセルドルフは16位ながら、首位チームから勝ち星を奪い取った。特に22分に先制点を叩き込んだルケバキオは、今シーズン7点目で得点ランキングで10位となった。彼はこのチームの頼みの綱だ。また、宇佐美は2点目となったヤン・ツィマーのゴールをアシスト。ここ3試合で活躍し、自信を深めているように見える」

 その一方で、前半にツィマーの素晴らしいクロスに飛び込むもゴールならず、という非常に惜しいシーンについては「あれを決めていれば、もっと早くリードを広げられていたが……」と惜しむ一文も添えられている。とはいえ、フライブルク戦に続いてドルトムント戦でも勝利に貢献するなど、宇佐美は少しずつ調子を上げている。

 次節は年内ラストマッチとなり、デュッセルドルフは22日にハノーファーとアウェーで対戦する。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 6月11・25日合併号
    5月28日発売
    現役選手、元代表選手など
    総勢50人がセレクト!!
    Jリーグ歴代
    最強チームはどれだ!?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月4日発売
    2020年夏版
    メガクラブ改造計画
    次の移籍市場はこう動け!
    欧州番記者らによる緊急提言
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ