宇佐美貴史のゴラッソでデュッセルドルフが先制! 目の覚めるような一撃がヘルタ・ゴールに飛び込む!

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年11月11日

今シーズン初ゴールは左足のミドルで!

左足ゴラッソで先制ゴールをもたらした宇佐美。(C)Getty Images

画像を見る

 現地時間11月10日に開催されたブンデスリーガ第11節、デュッセルドルフ対ヘルタ・ベルリンの一戦は、日本代表MF宇佐美貴史が放った豪快な左足の一撃によって、ホームのデュッセルドルフが先制した。

「ウサミ! ウサミ!」の大合唱が鳴り響くデュッセルドルフの本拠地メルクル・シュピール・アレーナ。背番号33は湧き立つゴール裏のスタンドに向かって走り出し、広げた両手を振り回しながらサポーターを煽る。
 
 0-0で迎えた50分だった。相手が前半のうちに退場者を出したことで、ひとり多い状況で戦っていたデュッセルドルフは、ボランチに入ったアダム・ボツェクが大きく左サイドに展開。このボールをオーバーラップした左SBのニコ・ギーセルマンがダイレクトでゴール前に折り返し、エリア内でフリーになっていた宇佐美へ。

 右足で落ち着いてトラップした日本代表MFは、間髪入れずに思い切りよく左足を振り抜く。力強く弾き出されたボールは、一直線にゴール右上に飛び込んだ。

 この1点で勢いに乗り、63分、84分にも追加点を奪っていたデュッセルドルフは、83分にピッチに立ち、その直後、チームに勝利を決定づける3点目をもたらしていたベニト・ラマンが90+2分にもゴールを決め、4-1で勝利。宇佐美はフル出場を果たした。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    2020 Jリーグ総集編
    J1&J2&J3全50チームの
    1年間の激闘を収録!
    完全保存版のデータブック
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    【引退記念号】
    中村憲剛
    充実のコンテンツ
    特製ポスター付き!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 1月14日号
    1月14日発売
    引退記念企画
    中村憲剛を大特集!
    J1&J2全42クラブの
    最新陣容を探る!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月21日発売
    10年ぶりのスクデットへ!
    名門ミラン、復活
    強いロッソネーロが帰ってきた
    豪華インタビューも掲載
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ