「C・ロナウドは1月にユーベ移籍を望んでいた」 敏腕代理人が電撃交渉の“ウラ話”を告白

カテゴリ:メガクラブ

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年12月18日

不可能なことを可能にしたメンデスとC・ロナウド

ユーベに電撃加入したC・ロナウド。その移籍は決定の半年前から動き出していた。 (C) Getty Images

画像を見る

 今夏の移籍市場で、もっとも騒がれたのは言うまでもなく、クリスチアーノ・ロナウドがレアル・マドリーからユベントスに移籍したことだろう。

 C・ロナウドは入団会見で移籍の理由について、昨シーズンのチャンピオンズ・リーグ(CL)準々決勝でユーベと対戦した際、華麗なオーバーヘッドでゴールを決めた自分に対し、サポーターがスタンディングオベーションで称賛したことに感銘したと明らかにしていた。

 だが、C・ロナウドは1月の時点で、すでにマドリーを離れる意向だったようだ。代理人のジョルジュ・メンデスが、12月17日に行なわれたイベントで口にした。

 同日、イタリア紙『Tuttosport』が選定する年間最優秀代理人賞を受賞したメンデス氏は、「これはユーベとアンドレア・アニェッリ会長、そしてクリスチアーノを獲ろうと決断した者の功績だ。フロレンティーノ・ペレス会長はまったく普通だったよ。ユーベが彼を望み、そして買ったんだ」と、今夏を騒がせたビッグディールを振り返った。

「1月にクリスチアーノが私に『ユベントスでプレーしたい』と言ってきたんだよ。私はすぐに不可能だと思った。彼にも、とても難しいことだと答えたよ。でも、不可能なことなんてないんだ」

 ユーベのフロントとの最初の話し合いは、CLで両クラブが対戦する前にマドリードで行なわれたという。メンデス代理人は、「それから電話でコンタクトを取り、徐々に取引が可能になっていった」と告白している。

 そして「2、3か月」にわたる交渉の末に、C・ロナウドのユーベ移籍は実現した。正式に発表されたのは7月10日。メンデス代理人に希望を伝えてから、約半年後のことだった。その迅速に交渉を進めた力はあっぱれの一言である。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    2020 Jリーグ総集編
    J1&J2&J3全50チームの
    1年間の激闘を収録!
    完全保存版のデータブック
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    【引退記念号】
    中村憲剛
    充実のコンテンツ
    特製ポスター付き!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2月11日号
    1月28日発売
    2021年度版
    J1&J2全42クラブ
    戦力充実度
    ランキング
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月21日発売
    10年ぶりのスクデットへ!
    名門ミラン、復活
    強いロッソネーロが帰ってきた
    豪華インタビューも掲載
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ