「めっちゃ泣けてくるやん!」堂安律が神戸に旅立つ盟友に“秘蔵写真”で無言のエール!

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年12月17日

思い出の2ショットを続々と公開

ガンバのアカデミー時代からともに切磋琢磨してきた堂安(写真)と初瀬。次は日本代表の舞台で共演を果たすか。(C)Getty Images

画像を見る

 オランダ・フローニンヘン所属の日本代表MF堂安律が自身のインスタグラムを更新し、月曜日にガンバ大阪からヴィッセル神戸への完全移籍を発表したDF初瀬亮に無言のエールを贈った。

 初瀬は堂安よりひとつの年上の先輩ながら、ともにG大阪ジュニアユースの黄金期を支えた主要メンバーだ。初瀬が中3、堂安が中2だった2012年には、前人未到の3冠(プレミアカップ、高円宮杯、日本クラブユース)を達成。ほかにもMF市丸瑞希、FW高木彰人ら錚々たるタレントたちと、敵を圧倒する攻撃的なスタイルを貫いた。

 その後もユースやU-23チームで強力な“縦関係”を構築。2016年には揃ってトップ昇格を果たし、昨年のU-20ワールドカップでは大会登録メンバーに揃って名を連ねた。堂安にしてみれば初瀬は頼れる兄貴分というよりも、気さくに冗談を言い合え、苦楽を共にした盟友に近い存在だろう。そんな初瀬が、みずからが昨年夏に決意したのと同様に、慣れ親しんだガンバに別れを告げた。インスタグラムには過去に撮影した思い出深い2ショットを4点掲載しているが、そこにメッセージはなく、「#堂安律 #初瀬亮」とだけ記している。ふたりの間には、言わずもがなの会話が成立しているのかもしれない。

 
 投稿欄にはファンからのメッセージが寄せられ、「寂しいけど2人とも頑張れー」「めちゃくちゃ泣けるやん!」「東京オリンピックで2人が同じピッチに立つのをずっと楽しみにしてるよ!」「ガンバのDNA達。皆世界で躍動してください!頑張れ!」などなど、激励の言葉が相次いだ。

 堂安はすでに、森保ジャパンでなくてはならない存在に急成長を遂げた。初瀬も新天地でアピールを続けて代表復帰を果たし、いつの日かサムライブルーで揃い踏みを──。ファンの誰もが期待している光景だろう。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト1月24日号
    1月10日発売
    J1・J2全40クラブの
    最新陣容チェック&
    移籍相関図
    南野と長友の特製ポスターも!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月17日発売
    取材記者が“とっておきの話”
    を打ち明ける
    WSD的
    「フットボールリークス」
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.27
    1月18日発売
    全47試合を完全網羅!
    第97回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が2年ぶり制覇
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ