「恩知らず」「マドリディスモに染まった男」恩師シメオネを非難したマドリー守護神に大バッシング!

カテゴリ:メガクラブ

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年12月17日

シメオネの批判にやり返したクルトワだったが…

マドリーに移籍して以来、銀河系軍団の一員として馴染んでいるクルトワ。そんなベルギー代表守護神が非難に晒されている。 (C) Getty Images

画像を見る

 エル・ブランコ(白い巨人の意。マドリーの愛称)の守護神がバッシングに晒されている。

 現地時間12月15日に行なわれたラ・リーガ第16節のラージョ・バジェカーノ戦を1-0で制したレアル・マドリーは、19日の鹿島アントラーズとのクラブ・ワールドカップ準決勝へ向けてアブダビに降り立った。

 前人未到の世界3連覇に挑むマドリーだが、守護神ティボー・クルトワへ非難の声が集中している。

 事の発端は、宿敵アトレティコ・マドリーの指揮官ディエゴ・シメオネの相次ぐマドリー批判にある。稀代のモチベーターとして知られるアルゼンチン人監督は、これまでに次のような発言を繰り返してきた。

「マドリー、バルサとの差だって? 予算の4億ユーロ(約520億円)くらいだよ」
「リーガの審判? 私はもう知っている。なぜ、アトレティコが国内の戦いよりもチャンピオンズ・リーグを勝ち取る可能性が高いのかをね」
「クルトワはマドリーに移籍してから、世界最高のGKとなった。彼が私のチームにいたとき、世界最高の称号を得たのはケイラー・ナバスだったね……」

 この相次ぐマドリーへの非難に業を煮やしたクルトワはラージョ戦の直後に「シメオネは自分のファンから人気を得るためにマドリーを批判するんだ」と言い返す。

「マドリーが世界最高のクラブだから、彼はいつもダメージを与えようとする。あらゆる意見に敬意を持たなくてはならない。それぞれが個人的な意見を口にできるわけだからね。ただ僕は、アトレティコに3年いたわけだけど、彼は、世界最高のチームであるマドリーと争うとき、いつもファンの支持を得るような発言をするんだよ」

「僕を過小評価するのはフェアじゃない。ヤン・オブラク(アトレティコのGK)だって偉大だし、FIFAの年間優秀選手賞では、もっと得票数を得るべきだった。けど、あれは多くの人間が投票するものなんだよ」

「僕を攻撃するなら本当に頑張らなければいけないと思う。でも、僕たちは別に不快でもないさ。このフットボールの世界がどういうものなのかも、自分がどんな功績を残したのかも、僕は理解しているからね」

 2011年から約3年間、アトレティコでプレーして、シメオネの薫陶を受けたベルギー代表GKが、その恩師を非難したことで、現地メディアでは批判の声が続出しているのだ。

 というのも、アトレティコ在籍時代にクルトワは、「飛ばない奴はマドリー野郎」と自軍ファンを煽ったり、時にはマドリーを揶揄する卑猥なチャントを叫んでいたことが判明。これらが、今回のシメオネ批判に対する「支離滅裂なのではないか?」との声に繋がっているのだ。

 ツイッターではクルトワのシメオネ批判に意見するファンのコメントが散見。スペイン紙『Marca』がそのコメントを紹介している。

「元アトレティコとは思えない」
「恩知らずで、恥知らず」
「シメオネは真実を言っただけ。クルトワはあらゆる面でレベルが下がっている」
「ありえない批判だ。君がアトレティコで何をやっていたかを僕らは知っている」
「これがマドリディスモ(マドリー主義)に染まった男の証だ」

 今夏にチェルシーからマドリーへ入団したクルトワは、勝てなければ、良いパフォーマンスができなければ、あらゆる非難に晒される“エル・ブランコ”でプレーする厳しさを身をもって体験しているのかもしれない。
【関連記事】
「マドリーへ復讐に来る」「日本サッカーは変わった」スペイン有力紙が逆転劇を演じた鹿島を要警戒!!
「クラブ王者の夢は粉砕された」「一体何が起きたのか」メキシコ・メディアは鹿島の劇的逆転勝利に驚愕
「日本人はなんて素晴らしいんだ!」セレッソ新監督、ロティーナが熱く語った日本への“感謝と愛”
「前よりも蹴り方が…」なぜメッシはFKが上手くなったのか? キックの秘密をスペイン紙が分析
「美しき貴公子!」「惚れ惚れする」金髪をなびかせるF・トーレスの豪快弾に再脚光!

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ恒例企画
    1月26日発売
    2023年度版
    J1&J2全40クラブ
    戦力充実度ランキング
    各スカッドの期待度は?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月19日発売
    欧州ビッグクラブ
    「強化戦略2023」
    アルゼンチン代表特集に
    キング・ペレ追悼企画も
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.38
    1月13日発売
    岡山学芸館が初優勝!
    第101回高校選手権
    決戦速報号
    全47試合を完全詳報
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ