G大阪がJ2でブレイクした田中達也を獲得!熊本で9得点を奪った東福岡育ちの注目サイドアタッカー

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年12月14日

今季J2で42試合で9得点・12アシストを記録!!

自慢のドリブルがG大阪でも生かされるのか。初挑戦となるJ1でのプレーに注目が集まる。写真:徳原隆元

画像を見る

 12月14日、G大阪は熊本に所属する田中達也を完全移籍で獲得したと発表した。

 田中は俊敏性と個人技に長けたサイドアタッカー。左右を苦にせずプレー可能でSBにも対応できる、まさにサイドのスペシャリストだ。

 東福岡高から九州産業大に進学し、大学1年次の2011年に特別指定選手として熊本でJデビュー。この年にJ2で3試合出場すると、15年に熊本へ正式に加入を果たした。ルーキーイヤーは10試合の出場に止まり、翌16年はレンタル先の岐阜で18試合に出場もブレイクするまでには至らず。17年に熊本に復帰して21試合に出場したが、またしても主軸に定着できなかった。
 
 しかし、迎えた今季、開幕から3-5-2もしくは3-4-2-1の右ウイングバックで定位置を獲得する。リーグ戦全42試合でピッチに立ち、チーム3位の9得点を記録し、アシストも12を数えた。その活躍が認められ、チームがJ3へ降格するなか来季の個人昇格を勝ち取った。

 田中は新たな挑戦に対し、G大阪のオフィシャルホームページで決意を表明。

「ガンバ大阪のファン、サポーターの皆さん。初めまして。ロアッソ熊本から加入することになりました田中達也です。

 一日でも早くチームに溶け込み、ガンバ大阪のタイトル獲得のため、持ち味であるスピードを生かして魂を込めて走り抜きます。応援よろしくお願いします」

 宮本恒靖監督のもとで、どんなプレーを見せるのか。圧倒的な走力を生かし、吹田スタジアムに駆け付けたサポーターを湧かせてくれるに違いない。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト7月25日号
    7月11日発売
    勢力図はどう変わる!?
    2019シーズン J1&J2
    最終順位 大予想
    柴崎&宇佐美ポスターも!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    7月18日発売
    2019-2020シーズン
    ヨーロッパ主要クラブ
    開幕フォーメーション大予想
    WCCFシリアルコード付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.28
    7月10日発売
    「インターハイ選手名鑑」
    男子出場52校・1040選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場16校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ