• トップ
  • ニュース一覧
  • 「やはりこの男、地球人ではなかったか…」「メッシボールZ!」 人気アニメ風に細工されたメッシのFK動画が話題に!

「やはりこの男、地球人ではなかったか…」「メッシボールZ!」 人気アニメ風に細工されたメッシのFK動画が話題に!

カテゴリ:メガクラブ

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年12月14日

メッシのスーパーFKをラ・リーガ公式が日本の人気アニメ風に紹介。

これは1点目のシーン。メッシ(背番号10)がゴール正面から放ったFKは、D・ロペスの左手から逃げるようにして大きく曲がり、右のサイドネットに突き刺さった。(C)Getty Images

画像を見る

 現地時間12月8日、エスパニョールのホームスタジアム「RCDE」でバルセロナ・ダービーが開催され(ラ・リーガ第15節)、アウェーのバルセロナが4-0で勝利を収めた。そしてこの試合、直接FKを2本叩き込み、まさしくスーパーな活躍を見せたのがバルサのエース、リオネル・メッシだった。

 バルサにとっての先制点となる1本目のFKが決まったのは、17分だ。ゴール正面、距離にして22~23メートルといったあたりから放たれたボールは、壁の上を通過すると急激に右にカーブし、196センチの長身を誇るGKディエゴ・ロペスがめいっぱい伸ばした左手の指先をかすめながら、右のサイドネットに突き刺さった。

 2本目は65分、1本目のポイントから左に約5メートルほど移動したところで左足を振り抜くと、ふたたびボールは壁に入った選手の頭上で大きく右カーブを描き、今度はゴール左隅に飛び込んだ。バルサにダメ押しの4点目をもたらしたこのFKが決まると、エスパニョールのサポーターの多くは勝利をあきらめ、スタンドを後にしたのだった。

 ラ・リーガの公式ツイッターは現地時間12月13日、メッシがダービーで決めたこの2本のFKのムービーを、日本の人気アニメ『ドラゴンボール』風に細工して紹介。これがサッカーファンだけでなく、ドラゴンボールのファンの間でも話題になっている。
 
 1本目のFKの場面では、左目にスカウターを装着したメッシが登場し、2本目の映像ではメッシがスーパーサイヤ人に! これには世界中のファンが即座に反応し、「神だ!」「レオはスーパーヒーロー」「やはりこの男、地球人ではなかったか…」「メッシボールZ!」など、その偉大な才能を称えるコメントが相次いでいる。

 また、「メッシがプレーヤーとして活躍する時代に生まれたのは最大の幸運」といった感激の言葉も聞かれる一方で、「スカウターはシュートコースを見定めるものではなく、敵の戦闘力を測定するものです」といった冷静な書き込みも。

 2018年のバロンドール争いで5位に終わり、メディアやファンの間で論争が巻き起こる中、授賞式の5日後のゲームできっちり「世界最高レベルの妙技」を披露してみせたメッシ。今シーズンは腕を骨折するなどのアクシデントにも見舞われたが、31歳になった天才アタッカーは、いまなおスーパープレー、スーパーゴールのコレクションを増やし続けている。
 
【関連記事】
「日本のメッシのバルサ風ゴラッソだ」15歳の逸材、中井卓大のゴールに称賛の嵐! マドリー公式は週間ベストゴールに
「メッシに最適のセリエAクラブは?」 伊メディアがアンケートを実施! もっとも得票率が高かったのは…
「やっぱりこのふたりが最強!」バルサで再会を果たした“イニエスタ&メッシ”の2ショットにファン熱狂!
自分の信じる道を突き進むC・ロナウド、「メッシが恋しくないか?」と問われると…
「メッシのためのバカげたキャンペーンだ」 バロンドールを巡る騒動にスペイン紙記者が反論!

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    7月18日発売
    欧州王者はスペイン!
    EURO2024
    大会総括
    出場24か国の通信簿
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ