イニエスタの“衝撃”初ゴール動画に大反響!! J公式の「バズゴール」1位は世界絶賛のビューティフル弾!

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年12月10日

磐田戦のゴラッソに5799RT

イニエスタの来日初ゴールがランキングの1位に選出された。(C)SOCCER DIGEST

画像を見る

 Jリーグは12月9日、公式ツイッターで随時発表を行なってきた「バズゴールTOP10」のベスト3を発表した。1位には、今夏ヴィッセル神戸に加入したスペインの至宝が奪った衝撃の来日初ゴールが選ばれた。


 7日からランキングの10位から発表されてきた「バズゴールTOP10」。ツイッターに投稿されたJ1リーグのゴール動画のなかで、ツイッターユーザーからのリツイート数でランキングが決まる企画だが、ベスト3には元スペイン代表ふたりのゴールが選出された。

 3位はフェルナンド・トーレス(鳥栖)が24節・G大阪戦で奪ったヘディングでの来日初ゴール。このゴールには2284RTの反響があった。2位はアンドレス・イニエスタ(神戸)の22節・広島戦のゴールに2412RT。敵の寄せを巧みにかわしながら、強烈な右足ミドルを突き刺した一撃だ。

 そして1位は、やはりイニエスタが21節・磐田戦で奪った来日初ゴールで、5799RTの大反響があった。ポドルスキからのパスを華麗なターンで受けると、そのままDFを振り切り、GKカミンスキーをもかわして右足で流し込んだ。
 
 このゴールはツイッター上での反応もさることながら、海外からも絶賛の声が寄せられ、イニエスタの母国スペインでは『Marca』紙が「イニエスタがこれぞ“神モード”という領域に入った。偉大なボールコントロールと巧みなシュートセンスによってもたらされたファンタジー」などと称賛。さらに、英国公共放送の『BBC』は、動画付きでイニエスタのJ初ゴールを紹介し、「ポドルスキとのコンビで鮮やかなゴールを決めたイニエスタが、神戸を勝利に導く」と綴った。

 リツイート数でも自身2位のゴールに倍以上の大差をつけた、イニエスタのビューティフル弾。今年一番の衝撃をもたらしたゴールは、後世までの語り草となるに違いない。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト4月9日号
    3月26日発売
    2020年シーズン
    J1&J2全40クラブの
    陣容解剖
    &2大注目ポイント
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    3月19日発売
    FC BARCELONA
    悩める名門は
    どう変わるべきか?
    バルセロナ再興計画
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ