STVVの鎌田大地が2ゴールと大暴れ! オイペン豊川雄太との「日本人ストライカー対決」を制す

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年11月11日

通算8ゴールで得点ランクの4位タイに浮上!

フィニッシュのシーンでの落ち着き払ったプレーが印象的だった鎌田。圧巻の2ゴールでSTVVの勝利に貢献している。(C)Getty Images

画像を見る

 現地時間11月10日に開催されたベルギーリーグ第15節、オイペン対シント=トロイデン(STVV)の一戦は、4-1でアウェーのSTVVが勝利した。

 オイペンの豊川雄太、STVVの鎌田大地による「日本人ストライカー対決」も注目されたこの試合だが、ほぼなにもできずに67分にベンチへ退いた前者に対し、後者は2ゴールを奪って勝利に貢献している。

 鎌田は13分、左サイドに流れたところからロマン・ベズスのスルーパスに抜け出してあっさり先制ゴールを奪うと、30分にも、右からのクロスを巧みに流し込む。この2点目はVARによりオフサイドの判定で取り消されたものの、ニアサイドの角度のないところから決めた実に難易度の高いゴールだった。

 正真正銘の2点目が鎌田に生まれたのは、55分だった。FKの場面で壁の裏に抜け出し、1点目と同様の形でふたたびゴールを陥れたのだ。

 この日本人FWの活躍でゲームの主導権を握ることに成功したSTVVは、DFのキャスパー・デ・ノレや、鎌田と前線でコンビを組むヨアン・ボリにもゴールが生まれ、4-1の大勝を飾っている。
 
 ベルギーでは自身初となる1試合・2ゴールをやってのけた鎌田は、得点の場面以外でも、前線を幅広くカバーしながらのスペースを作る動きと使う動きが巧みで、味方のサポートがなければ得意のダブルタッチを織り交ぜたドリブルで敵陣深くまで切れ込むなど、そのプレーのチョイスも完璧だった。

 STVVから11月の日本代表のメンバーに選出されたのは、この日もスタメン出場を果たし、危なげない守備を披露したDFの冨安健洋と、ベンチ入りしたものの出場機会のなかった遠藤航のふたり。鎌田にはまたしても声はかからなかった。

 だが、STVVでは6試合連続でスタメン出場を果たし、ここまでに出場した9試合で大量8ゴールを荒稼ぎしている鎌田。ベルギーリーグの得点ランキングでも、現地時間11月10日の時点でトップと2ゴール差の4位タイにつけるだけに、念願のA代表入りも時間の問題かもしれない。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト4月9日号
    3月26日発売
    2020年シーズン
    J1&J2全40クラブの
    陣容解剖
    &2大注目ポイント
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月2日発売
    海外番記者がランク化!!
    クラブ別レジェンド
    「完全格付け」
    最も貢献度が高かったのは!?
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ