「ミランを再び相応しい場所に」アーセナルから引き抜いた新CEO、セスク獲得交渉でも鍵に?

カテゴリ:メガクラブ

ワールドサッカーダイジェスト編集部

2018年12月06日

経営実務を担いながらチーム強化にも携わる。

ミランの新CEOに就任したガジディス。(C)Getty Images

画像を見る

 新生ロッソネーロの新たな舵取り役だ。現地時間12月5日、ミランはイバン・ガジディス(54歳)が最高経営責任者(CEO)に就任したことを発表した。
 
 ヨハネスブルク出身でイングランドで育ったガジディスは、名門オックスフォード大学で法律学位を取得。その後はアメリカの法律事務所『レイサム&ワトキンス』で働いた。
 
 1994年からアメリカのMLS(メジャーリーグサッカー)の立ち上げに携わり、2001年からは副コミッショナーとしてリーグを支えた。そして、08年11月にはアーセナルのCEOに就任。新スタジアム建設などで費用が嵩む中、主にスポンサー獲得などで力を発揮し、当時のアーセン・ヴェンゲル監督ともにチーム強化でも手腕を発揮した。
 
 今夏のミランは中国資本がわずか1年で債務不履行に陥り、借金のカタとして全株式を没収した米ヘッジファンド『エリオット』がオーナーに。レオナルド、パオロ・マルディーニというレジェンドをチーム強化担当に据えたが、経営実務を担うエグゼクティブとしてガジディスに白羽の矢を立て、アーセナルから引き抜いた。新CEOは公式サイトで次のような抱負を語っている。
 
「私は心と魂と尽くして仕事に当たることを、世界中の何百万人というファンにお約束します。望むものすべてを実現するには大変な苦労があるでしょう。それにはピッチ内外でハードワークが必要です。旅とは難しいものです。しかしACミランを再び相応しい場所に戻すことができると確信しています」
 
 ガジディス新CEOは、経営者としてスポンサー回りを担当するほか、レオナルド&マルディーニとともにチーム強化にも深く携わる見込み。とくにイングランドには顔が利くだけに、現在進めているセスク・ファブレガス(現チェルシーでアーセナル時代からの旧知)の獲得交渉でもキーマンになる可能性もありそうだ。注目が集まる。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト7月25日号
    7月11日発売
    勢力図はどう変わる!?
    2019シーズン J1&J2
    最終順位 大予想
    柴崎&宇佐美ポスターも!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    7月4日発売
    REAL MADRID
    第3次銀河系の全貌
    400億円投資でどう変わる?
    プレミア開幕1か月前点検も!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.28
    7月10日発売
    「インターハイ選手名鑑」
    男子出場52校・1040選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場16校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ