【天皇杯】鹿島が21冠目に前進!土居のミドルで甲府を下し、2年ぶりに4強進出。準決勝は12月5日、決勝は9日に前倒しに

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年11月21日

粘る甲府を突き崩した土居の鮮烈ミドル!

土居が貴重な決勝弾!わずかな隙を見逃さずにゴールを射抜いた。(C)SOCCER DIGEST

画像を見る

[天皇杯・準々決勝]鹿島1-0甲府/11月21日/中銀スタ
 
 天皇杯準々決勝の鹿島アントラーズ対ヴァンフォーレ甲府が21日、山梨中銀スタジアムで行なわれ、鹿島が1-0で勝利を収めた。
 
 前半は甲府が果敢に攻めてチャンスを作るも、最後の局面で身体を張る鹿島の守備を崩しきれない。一方の鹿島も目立った決定機はなく、ほぼ互角の展開でハーフタイムを迎えた。
 
 後半に入ると、甲府が57分に右サイドを崩して決定機を創出。シュートはGKクォン・スンテに防がれたが、直後のCKでも鹿島DFに競り勝ってヘディングシュートを見舞うなどゴールに迫る。
 
 対する鹿島は70分にセルジーニョを投入し、攻撃のギアを上げた。すると76分、カウンターで一気に攻め込み、永木亮太のパスを受けた土居聖真が右足を一閃。巧みにコントロールされたミドルが、クロスバーに当たってゴールに吸い込まれた。
 
 結局、このゴールが決勝点になり、鹿島が1-0で勝利。優勝した2016年大会以来、2年ぶりとなる天皇杯4強進出を決めた。先日のアジア・チャンピオンズリーグに優勝し、クラブ通算20冠を達成した鹿島は、21冠目の獲得に一歩前進した。
 
 この結果、準決勝は12月5日、決勝は9日に前倒しに。これは、鹿島がアジアチャンピオンとして出場するクラブワールドカップ(12月12日~22日)の日程を考慮しての措置だ。
 
 鹿島は天皇杯の準決勝で浦和レッズと県立カシマサッカースタジアムで対戦。もうひとつのカードでは、ベガルタ仙台とモンテディオ山形がユアテックスタジアム仙台で激突する。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月5日発売
    欧州サッカーの1年を凝縮!
    EUROPE SOCCER TODAY
    完結編
    データ満載の保存版をお届け
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト6月27日号
    6月13日発売
    久保建英は欧州へ旅立つ?
    「夏の㊙移籍ファイル」
    テーマ別に総チェック!
    大宮&大分特集も必見
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月19日発売
    2019-2020シーズンは
    この布陣で戦え!
    メガ14クラブ「最強モデル」
    第2特集は“リバプールに学べ”
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.27
    1月18日発売
    全47試合を完全網羅!
    第97回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が2年ぶり制覇
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ