「イニエスタなどみんなの勝利」「ロナウドとメッシには…」モドリッチが心情を吐露

カテゴリ:ワールド

ワールドサッカーダイジェスト編集部

2018年12月04日

ついにC・ロナウドとメッシの牙城を崩す。

バロンドールを初受賞したモドリッチ。写真:REUTERS/AFLO

画像を見る

 ついに歴史が塗り替えられた。現地時間12月3日、フランスの老舗サッカー専門誌『France Football』が主宰する年間最優秀選手「バロンドール」を、レアル・マドリーに所属するクロアチア代表MFのルカ・モドリッチが初受賞した。

 所属するマドリーで前人未到のチャンピオンズ・リーグ3連覇に大きく貢献し、今夏のロシア・ワールドカップではクロアチア代表のキャプテンとして母国を史上初の準優勝に導いた活躍が、投票者である世界中のジャーナリストに高く評価されての戴冠となった。

 このバロンドールは、2007年にカカ(当時ミラン)が受賞したのを最後に、2008年からクリスチアーノ・ロナウドとリオネル・メッシが独占。一部では“人気投票化”しているのではないかという指摘もあったが、モドリッチがついに牙城を破った。本人もこう喜びを語っている。

「C・ロナウドとメッシはこの10年間で突出した選手だ。ただ、その時期には他にもバロンドールを獲得できたかもしれない選手もいただろう。シャビやイニエスタ、スナイデルなどね。だけど、彼らは受賞できなかった。みんなようやく…何というか他のものが見たくなったんだろうね。サッカー界にとって大きな勝利だと思う。この賞を獲得できて本当に嬉しい。受賞に値したのに獲得できなかったみんなのためのものだ」

 ちなみに、今年の授賞式はC・ロナウドとメッシが欠席。それに関しては、「僕はC・ロナウド、メッシが出席すべきだったかどうかを言うために、ここにいるわけじゃない。もちろん、彼らにはいてほしかった」とコメントしている。

[写真]世界最高選手の称号!歴代バロンドール受賞者44人を振り返る――1956~1985

[写真]世界最高選手の称号!歴代バロンドール受賞者44人を振り返る――1986~2018
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト7月25日号
    7月11日発売
    勢力図はどう変わる!?
    2019シーズン J1&J2
    最終順位 大予想
    柴崎&宇佐美ポスターも!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    7月18日発売
    2019-2020シーズン
    ヨーロッパ主要クラブ
    開幕フォーメーション大予想
    WCCFシリアルコード付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.28
    7月10日発売
    「インターハイ選手名鑑」
    男子出場52校・1040選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場16校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ