カメルーン代表エトーを巡ってマージーサイド・ダービー勃発か

カテゴリ:ワールド

ジャンルカ・ディ・マルツィオ

2014年08月13日

リバプールとは条件面でまだ大きな隔たり。

リバプールとエバートン。マージーサイドの両雄がエトーを巡って火花を散らす? (C) Getty Images

画像を見る

 チェルシーとの契約を満了し、新シーズンにプレーするクラブを検討中のカメルーン代表FWサミュエル・エトー。8月12日、エトーの代理人はリバプールと会合を持ったが、両者の立場には条件面でまだ大きな隔たりがあり、数日後に再度話し合う約束をするにとどまった。
 
 それを横目に、マージーサイドのライバル、エバートンも獲得の可能性を検討し始めており、代理人に打診の連絡をした模様だ。
 
文:ジャンルカ・ディ・マルツィオ
翻訳:片野道郎
【関連記事】
【移籍市場超速報】エトー獲得に向け、ヴォルフスブルクが交渉に。ロビーニョのサントス復帰が決定
【ユベントスの移籍市場】ペレイラ獲得でウディネーゼと合意。エトー、シャキリを巡る動きも
欧州メガクラブ オフの最新動向をチェック|リバプール編
W杯 カメルーン代表のエトーがミランの獲得リストに
エバートンがベルギー代表ルカクを完全移籍で獲得

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 夏のマーケットを読み解く!
    7月4日発売
    SUMMER TRANSFER 2024
    夏の移籍市場
    徹底攻略ガイド
    注目銘柄を総チェック
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ