【ユベントスの移籍市場】ペレイラ獲得でウディネーゼと合意。エトー、シャキリを巡る動きも

カテゴリ:メガクラブ

ジャンルカ・ディ・マルツィオ

2014年07月23日

新戦力モラタの負傷離脱を受け、エトーをリストアップ。

契約満了でチェルシーを退団したエトーには、トッテナム、QPRのプレミア勢も興味を示している。 (C) Getty Images

画像を見る

 ユベントスは、アルゼンチン人MFロベルト・ペレイラの獲得でウディネーゼと合意に達した。契約形態は買い取り義務付きレンタル。レンタル料は150万ユーロ(約2億1000万円)、1年後に支払う移籍金は1100万ユーロ(約15億4000万円)で、さらにユーベが保有権を持ち昨シーズンはボローニャでプレーしたデンマークU-21代表DF、フレデリク・セーレンセン(評価額350万ユーロ=約4億9000万円)が完全移籍でウディネーゼに移籍する。
 
 7月23日にはメディカルチェックを経て正式発表に至る見通しだ。
 
 一方、期待の新戦力アルバロ・モラタが加入直後に負傷、全治まで50日前後の離脱となったのを受けて、サミュエル・エトー獲得の可能性を検討している。
 
 すでに選手サイドに接触し、年俸要求額よりも低い金額での1年契約を受け入れる可能性があるかどうか打診済み。返答によっては獲得に動き出す可能性もある。
 
 それとは別に補強に動いているウイング/トップ下については、スイス代表のジェルダン・シャキリ(バイエルン)が有力候補のひとり。ファビオ・パラティチSDは22日、仲介エージェントと会談して獲得の可能性について話し合い、ポジティブな感触を得た模様。今後数日中に、代理人を務める選手の兄とも会う見通しだ。
 
文:ジャンルカ・ディ・マルツィオ
翻訳:片野道郎

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト12月12日号
    11月28日発売
    2019冬の移籍マーケット
    番記者が推奨する
    J1&J2全40クラブ
    「補強3か条」
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    11月21日発売
    課題はこれで解決!
    欧州ビッグクラブ
    「冬の改造プラン」
    FOOTISTAシリアルコード付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.28
    7月10日発売
    「インターハイ選手名鑑」
    男子出場52校・1040選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場16校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ