元スペイン代表の直接対決はスコアレスのドロー決着。イニエスタは「良い試合はできたと思う」とポジティブに総括

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年11月10日

「勝点1を獲得できたので、残り2試合頑張りたい」(イニエスタ)

イニエスタ(8番)とトーレス(9番)の競演にファンも興奮。マッチアップする場面も。(C)SOCCER DIGEST

画像を見る

[J1リーグ32節]神戸0-0鳥栖/11月10日(土)/ノエスタ
 
 J1リーグ32節のヴィッセル神戸対サガン鳥栖が10日、ノエビアスタジアム神戸で行なわれ、0-0の引き分けに終わった。神戸のアンドレス・イニエスタ、鳥栖のフェルナンド・トーレスという元スペイン代表の直接対決に注目が集まったが、いずれの選手もゴールは挙げられなかった。
 
 試合は神戸が優勢に進めた。とりわけ、後半はイニエスタを起点にボールを動かし、ルーカス・ポドルスキや古橋亨梧、途中出場のウェリントンらがゴールを狙う。しかし、身体を張る鳥栖の守備を崩せないまま時間が経過。一方の鳥栖はカウンターに活路を見出すものの、なかなかシュートまでは持ち込めない。F・トーレスも沈黙し、71分にピッチを退いた。
 
 イニエスタは試合後のフラッシュインタビューに応じ、「ゴールが必要だと思って試合に入ったが、簡単にはさせてくれないだろうと思っていた。ただ、良い試合はできたと思う。勝点1を獲得できたので、残り2試合頑張りたい」とコメント。勝利は挙げられなかったものの、引き分けで得た勝点1をポジティブに捉えていた。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト4月9日号
    3月26日発売
    2020年シーズン
    J1&J2全40クラブの
    陣容解剖
    &2大注目ポイント
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    3月19日発売
    FC BARCELONA
    悩める名門は
    どう変わるべきか?
    バルセロナ再興計画
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ