イブラヒモビッチのミラン復帰に現実味! 意味深な発言とは?

カテゴリ:メガクラブ

ワールドサッカーダイジェスト編集部

2018年11月07日

2トップに移行したミランはFWの頭数が足りない。

ミラン復帰が囁かれているイブラヒモビッチ。(C)Getty Images

画像を見る

 ズラタン・イブラヒモビッチのミラン復帰は現実味が出てきたのかもしれない。
 
 イブラヒモビッチは2010~12年に渡ってミランの絶対的エースとして活躍。12年夏にパリSGに移籍したのはクラブの赤字補填のためであり、本人は退団を望んでいなかったと最近出版した自叙伝でも明かしている。
 
 そんなスウェーデン史上最高のスターは今年3月、マンチェスター・UからアメリカのLAギャラクシーに加入。MLSでは27試合で22ゴール・7アシストと格の違いを見せつけ、すでに37歳ながら欧州トップレベルへの復帰を望んでいると伝えられている。
 
 そこで囁かれているのが、ミラン復帰だ。ゼネラルディレクターを務めるレオナルドは10月、今夏の時点で獲得を検討したことを公言。最近のミランは4-3-3から4-4-2にシステムを変更しており、ゴンサロ・イグアイン&パトリック・クトローネという2トップの頼れる控えを欠いている。それもあって、来年1月の獲得に向けて半年契約+1年延長オプションでオファーしたと『トットスポルト』紙などが報じているのだ。
 
 そんな中で現地時間11月6日、『milannews.it』がイブラヒモビッチの意味深なコメントを伝えた。
 
「俺はレンタル移籍を受け入れない。それは確かだね。LAギャラクシーの野心には満足しているよ。ただ、彼らは俺が受け取ったオファーを把握しているし、希望も知っている。様子を見てみよう」
 
 発言を見る限り、ミラン復帰の可能性はたしかに存在しているようだ。
 
【関連記事】
「伝説のCB」がミランに復帰? レオナルドの交渉力がやはり鍵か
「クオリティーは過大評価されてるがリズムは凄い!」 イブラヒモビッチがプレミアリーグを語る
ロベルト・バッジョが渋谷に登場!笑顔でファンと交流
ハメスの新恋人はセクシーなモデル美女? お揃いのネックレスを…
ネイマールをトップ下に抜擢! パリSGの「新チームアタック」を徹底分析

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト3月12日号
    2月27日発売
    2020年シーズン
    J1&J2全40クラブの
    「最新序列」
    開幕戦で見せた全容は?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    2月6日発売
    欧州強豪クラブの
    最終スカッドが確定!
    「冬の選手名鑑」
    写真&コメント付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ