吉田麻也のボス、次戦で勝たなければ解任!? 英紙がサウサンプトンの監督交代は近いと報じる

カテゴリ:ワールド

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年11月07日

「ワトフォード戦に勝てなければ解任の方針」との報道

マンチェスター・シティに6失点を喫し、苦悶の表情を浮かべるヒューズ監督。はたして、その去就は……。 (C) Getty Images

画像を見る

 日本代表DF吉田麻也が所属するプレミアリーグのサウサンプトンは、次のリーグ戦で勝利を収めることができなければ、現監督のマーク・ヒューズを解任することを水面下で決定したようだ。英紙『Mirror』が報じている。

「多くのサウサンプトン・サポーターは、ヒューズのサッカーにうんざりしている。確かに彼のサッカーは昨シーズン、チームを降格から救った。しかし、今シーズンの開始から今まで、リーグ戦の勝利は9月1日のクリスタルパレス戦のみだ。週末に勝利以外の結果を残した場合に備え、経営陣は解任への道すじを整えた」

 サウサンプトンは先週のリーグ第11節でマンチェスター・シティと対戦し、6-1と大敗した。

 試合後の会見でヒューズ監督は、「この試合のために準備もしてゲームプランも練ってきたが、シティは我々よりも優れていた。1-6という結果に誇りを持っているわけではないが、我々はチャンスを作るために挑み続けた。この点においては良かった」と語った。

 しかし、30分にダニー・イングスが1点を返したとはいえ、前半20分までにオウンゴールを含む3失点を喫し、その後さらに3点を失ったという失態を「試合内容で盛り返したとは言いにくいだろう」と、同紙は指摘している。

 ヒューズ監督の後任候補については、「元イングランド代表監督のサム・アラダイスや、デイビッド・モイーズらの名前が挙がっているが、以前監督を務めたこともあるゴードン・ストラカンを望む声が強いようだ」と報じた。

 ちなみに今シーズン、吉田麻也のリーグ戦出場は第9節のチェルシー戦のみに止まっている。監督交代によってすぐに吉田の置かれた状況が好転するとは考えにくいが、彼のみならず、ヒューズ監督、そしてチームにとって、11月10日(日本時間11月11日0時)に行なわれるホームのワトフォード戦は、それぞれの命運を賭けたものになりそうだ。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト4月9日号
    3月26日発売
    2020年シーズン
    J1&J2全40クラブの
    陣容解剖
    &2大注目ポイント
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月2日発売
    海外番記者がランク化!!
    クラブ別レジェンド
    「完全格付け」
    最も貢献度が高かったのは!?
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ