「簡単にやられすぎ…」吉田麻也、残留争いを経験したサウサンプトンに警鐘を鳴らす!

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年08月07日

新シーズンの開幕前に厳しい言葉を投げかける。

新シーズンに向けて強い決意を口にする吉田は、開幕戦出場に向けて猛スピードで仕上げている。 (C) Getty Images

画像を見る

 8月10日に開幕するプレミアリーグ。そんな新シーズンの到来を前にサウサンプトンの吉田麻也は気を引き締めている。全ては昨シーズンのような失態を繰り返さないためだ。

 昨シーズンのサウサンプトンは、シーズン前からトランスファーリクエストを提出していたDFリーダーのフィルジル・ファン・ダイクを1月に引き抜かれ、チームバランスが崩壊。頼みの攻撃陣も不発に終わり、残留か降格かという危険水域でもがき続けた。

 そんな中でも吉田は、時にキャプテンマークを巻いてピッチでチームを鼓舞。守備の要として公式戦28試合で2ゴールをマークして、降格回避に貢献していた。

 今夏は、日本代表としてロシア・ワールドカップに参戦した吉田は、そこでも、不動のセンターバックとして全4試合に出場し、2大会ぶりの16強入りに大きく貢献。その存在感の高さを知らしめた。

 そして、W杯後のつかの間の休暇を終え、1日からサウサンプトンに合流した吉田は、5日に行なわれたボルシアMGとのプレシーズンマッチに69分から出場。自身の出場後は無失点で切り抜けたものの、チームは0-3で黒星を喫した。

 この惨敗を受け、チーム最古参でもある吉田はクラブの公式サイトで、「簡単にやられすぎている」と、サウサンプトンの現状に警鐘を鳴らした。

「誰もが、もう少しトレーニングをする必要がある。僕たちはやらなければいけないんだ。なぜなら、簡単にやられすぎているから。そして、チャンスがあったにもかかわらず、ゴールを決められていない。それぞれがしっかりと取り組む必要がある」

 吉田がチームに檄を飛ばすのは、昨シーズンのような過ちを繰り返さないためである。29歳のCBは、さらに続けて言い放った。

「チャンスがあるとき、それを生かさなければいけない。そうでなければ、僕たちは昨シーズンと同じように苦労するだろう。プレミアリーグは最高の場所であり、僕たちはそれを楽しまなければならない。でも、楽しむためには、戦う必要がある。昨シーズンはスタートした時に多くのポイントを失ってしまった。もう同じミスを繰り返すことはできない。そこから学ばなければいけない」

 はたして、プレミアリーグで7シーズン目を迎える吉田の声はチームの発奮に繋がるのか。なお、サウサンプトンは8月12日に本拠地で行なわれる開幕戦でバーンリーと対戦する。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト4月9日号
    3月26日発売
    2020年シーズン
    J1&J2全40クラブの
    陣容解剖
    &2大注目ポイント
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月2日発売
    海外番記者がランク化!!
    クラブ別レジェンド
    「完全格付け」
    最も貢献度が高かったのは!?
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ