【ルヴァン杯|横浜】守護神・飯倉大樹がこだわる「自分たちのサッカーの意志」

カテゴリ:Jリーグ

広島由寛(サッカーダイジェストWEB)

2018年10月26日

「それを決勝の舞台で披露できるのは光栄なこと」

決戦を前に、飯倉は「自分たちのサッカーをして、絶対に勝つことが俺たちの宿命」と語る。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 冒頭15分だけ公開された前日練習でも、その後の取材対応でも、飯倉大樹の表情は柔らかかった。気持ちが入っていないわけではない。いい塩梅でリラックスしているようだ。
 
「コンディションもメンタルもすごく良いなかで、試合に臨めるワクワク感がある」
 
 タイトルを賭けた決戦を、心の底から楽しみにしている。もちろん、楽しむだけでなく、自分たちのサッカーを貫いたうえで、勝利のみを目指してピッチに立つ。
 
 GKがペナルティエリアを飛び出してビルドアップに加わるなど、「超」がつくほどの攻撃サッカーには、賛否両論があった。それでも、今季の横浜はここまでブレずに戦い、そしてひとつの成果を手に入れようとしている。
 
「ここまでこられたのがまずハッピーだし、自分たちのサッカーの意志っていうか、そういうものが大事で、それを決勝の舞台で披露できるのは光栄なこと」
 
 何かを守るような戦い方はしない。アグレッシブに仕掛けて、ボールと主導権を握り、相手を圧倒する。そんなサッカーを信じてきた守護神が、最後尾からチームを盛り立てる。
 
「自分たちのサッカーをして、絶対に勝つことが、俺たちの宿命。結果がどうなるか分からないけど、そこに向かって全力でやることに意味がある。恐れずに戦いたい」
 
 これまでチームを信じて、応援してくれたファン・サポーターたちのためにも、17年ぶりのタイトルを掲げたい。
 
取材・文●広島由寛(サッカーダイジェスト編集部)

【ルヴァンPHOTO】あの選手がチーム愛溢れる髪型に?!両チームの前日練習の様子をお届け!
【関連記事】
【ルヴァン杯|横浜】仲川輝人が気合いのトリコロール・ヘアー! 本人は「恥ずかしいです」
【ルヴァン杯|横浜】扇原貴宏が語るタイトル奪取への「近道であり、唯一の方法」とは?
【ルヴァン杯|横浜】打ち合いも上等!? 指揮官は「ドキドキした状況で」タイトル奪還を目指す
【横浜】自分のミスで失点も心は折れず。“運命の1点”を許さなかった飯倉大樹の悲壮な決意
【横浜】4度目の“ガラ空き被弾”……なぜGK飯倉大樹はそこまでして前に出るのか?

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 10月28日号
    10月14日発売
    2021年 J1&J2
    全42クラブの
    ラストスパート診断
    各番記者が旬な疑問に一発回答
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月21日発売
    2021ー2022シーズン版
    ビッグクラブ
    最新戦術ガイド
    海外エキスパートが解析!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ