代表帰りの北川航也が1G1Aで清水の勝利に貢献!広島は優勝が遠のく手痛い3連敗

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年10月20日

CKをニアで合わせて鮮やかな先制弾!

石毛(左)のCKに合わせてゴールを射抜いた北川(右)。これで今季12点目だ。写真:徳原隆元

画像を見る

[J1リーグ30節]清水2-0広島/10月20日/アイスタ
 
 J1リーグ30節の清水エスパルス対サンフレッチェ広島が20日、IAIスタジアム日本平で行なわれ、2-0で清水が勝利した。これで清水は3連勝。一方の広島は3連敗と、このリーグ終盤に来て大きく調子を落としている。
 
 清水の先制点を決めたのは、代表帰りの北川航也だ。右CKのチャンスで、キッカーの石毛秀樹がマイナスにグラウンダーのクロスを送ると、後方から走り込んできた日本代表FWが右足で合わせてニアの上を射抜いた。
 
 さらに、清水は後半立ち上がりの47分、ハーフウェーライン付近でボールを持った石毛が敵最終ライン裏にスルーパスを通し、ボールを受けた北川がDFを引き付けてゴール前に横パスを出す。そこに走り込んできたのは鄭大世。スピードを落とさずに右足を振り抜き、貴重な追加点を沈めた。長らく怪我で戦列を離れていた鄭大世は、4月28日に行なわれた11節の柏レイソル戦以来、約半年ぶりのゴールだった。
 
 北川が全2得点に絡む活躍を見せた清水は、その後5バックにして守備を固め、広島の反撃をしっかり撥ね返す。結局、そのまま試合は2-0で終了し、9位の清水が2位の広島を下した。
 
 この勝利で清水は暫定6位に浮上。一方の広島は、2位は変わらないものの、ここ5試合勝ちなしと苦境に陥っている。
 
【関連記事】
代表デビューの北川航也が受けた“南野の衝撃”「拓実君のプレーを見た時に…」
試合勘の欠如を本人も痛感…柴崎岳が"復活"するには冬の移籍も選択肢のひとつだ
「周りの声が入ってこなかった」久保建英が超絶FK弾の真相を語る! 2点差を追いつかれた展開にも言及
「誰もショウヤを止められない!」中島翔哉がポルトガル・リーグの月間MVPを初受賞!
日本対ウルグアイ戦を彩った「美女サポーター」をご紹介!

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年8月25日号
    8月10日発売
    J1&J2全40クラブ
    夏の補強総決算!!
    最新スカッド
    新戦力インタビューも充実
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月18日発売
    クローズまで残り2週間!
    夏の移籍マーケット
    最終盤展望
    土壇場で動く大物は?
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.36
    7月8日発売
    夏の風物詩が開幕!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52チームを徹底紹介
    1040選手の顔写真&データ網羅
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ