【移籍市場超速報】マドリーのモラタを巡り“イタリアダービー”勃発か

カテゴリ:ワールド

ジャンルカ・ディ・マルツィオ

2014年03月10日

マンチェスター・Uがカリアリのアストーリに興味。

昨夏のU-21欧州選手権で得点王になったモラタ。21歳の新鋭ストライカーの獲得に、ユーベとインテルが乗り出そうとしている。 (C) Getty Images

画像を見る

 移籍マーケットの専門記者という、独自のフィールドを切り開いたイタリア人記者のジャンルカ・ディ・マルツィオ氏。

 バルセロナの監督を退任してから、その去就が注目されていたジョゼップ・グアルディオラのバイエルン入りをスクープして、一躍ヨーロッパ中にその名を知られるようになった業界随一の事情通が、『サッカーダイジェストWeb』で特ダネを超速報!

 ディ・マルツィオ記者のオフィシャルサイト『gianlucadimarzio.com』から、最新ニュースを厳選して毎日、お届けします。

――◆――◆――

【レアル・マドリー】モラタにユーベとインテルが興味

 ユベントスとインテルが、レアル・マドリーの若きストライカー、アルバロ・モラタの獲得に乗り出そうとしている。2015年で切れる契約が今なお更新されていないのは、R・マドリーにはもはやチャンスを見出す可能性がないように見えるからだ。コンスタントな出場機会を得てさらに成長したいという気持ちは日に日に強まっている。インテルは以前から興味を隠していないが、ユーベも黙ってはいない。メルカートでも“イタリアダービー”が勃発か。

【レッジーナ】16歳のコッポラーロにナポリとイングランド勢が興味

 まだ16歳ながらセリエBデビューも間近。マウロ・コッポラーロはレッジーナの育成部門が生んだビッグタレントだ。山岳部の小さな村で生まれ、12歳でレッジーナ入りしたコッポラーロは、つねに2歳、3歳上のチームでプレーし、代表にもU-15、U-16、U-17と招集され続けている。16歳にもかかわらず3歳上のチームメイトがプレーするプリマベーラ(U-19)でキャプテンマークを巻く彼には、ナポリが早くから興味を示し、冬のメルカートでは正式なオファーを出したほど。さらに、イングランドのクラブもスカウトを送り込んでいる。まだ中央では無名だがそれも時間の問題だろう。マウロ・コッポラーロという名前をメモしておいてほしい。

【インテル】サネッティ、トヒル会長と会談し現役続行の希望を伝える

 エリック・トヒル会長はミラノ訪問の2日目、ハビエル・サネッティと対話の機会を持った。かねてからキャプテンの現在と未来について、本人の意志を尊重すると言い続けてきた会長に対し、サネッティは、チェルシーのモウリーニョ監督から非公式に移籍の打診を受けていること、それに対して優先順位はインテルにあると答えたこと、自分としてはフィジカル的にまだプレーを続けられると考えており、あと1シーズン現役を続行したいことなどを伝えた。最終的な決断には、今シーズン残り2か月の結果(インテルの順位、サネッティの出場機会など)も関係してくるため、両者はシーズンの終わりに改めて話し合うことで合意に達した模様。確かなのは、サネッティはインテルに絶対的な優先順位を置いており、トヒル会長もそれを十分に理解しているということだ。

【ローマ】サバティーニSDがキオーディ代理人とルーマニア人選手について話し合う

 ワルテル・サバティーニSDは、ルーマニアの有力選手を数多く抱えるイタリア人代理人ピエトロ・キオーディと、彼の傘下にあるタレント獲得の可能性について話し合った。ローマはすでにロボンツ、ストイアン(キエーボにレンタル中)、そしてボルダー、バラサ(いずれもプリマベーラに所属)と4人のルーマニア人選手を保有している。キオーディの提案リストには、セビージャからブラガにレンタルされている25歳のFWラウール・ルセスク、トルコのゲンチレルビルリイでプレーするルーマニア代表FWボグダン・スタンク、ステアウア・ブカレストで10番を背負うクリスティアン・タナセ、同じくステアウアの右ウイング、アレクサンドル・キプチュ、ディナモ・ブカレストの主将で6月に契約満了を迎えるCBドラゴス・グリゴレ、さらに、ルーマニアのU-21とU-19の両代表で主力を務める興味深い若手の名前が並んでいる。キオーディはまずサバティーニにリストを持ち込んだが、今後他のクラブとも話をすることになるだろう。

【カリアリ】アストーリにマンチェスター・U、ドルトムントが興味

 カリアリのCBダビデ・アストーリに、マンチェスター・U、ドルトムントなど国外のクラブが興味を示している。8日にカターニャであったカターニャ対カリアリ戦には、ドルトムントのスカウトが姿を見せていた。以前はマンチェスター・Uのスカウトもカリアリの試合をチェックしており、2015年6月に契約満了するこの左利きのCBには、ヨーロッパから熱い視線が集まっている。

【ユベントス】ポグバは残る。メルカートでは戦術的柔軟性のある選手を狙う

 ユベントスのジュゼッペ・マロッタGDは、フィオレンティーナ戦を前に、『Sky Sport』のインタビューに対して次のようにコメントした。
「アニエッリ会長はポグバを世界遺産だと言った? 世界遺産には莫大な価値がある。我々はどことも話し合っていない。ポグバはここで成長しブレイクした。ここが彼にとってもっとも自然な場所であり、残る前提条件は整っている。ピルロの後継者? 我々のサッカーはトータルなものであり、特定の戦術的プロフィールに依存しているわけではない。マルキージオのように、タイプの異なる選手をポジションに適応させることも可能だ。メルカートでは、コンテ監督の戦術観に適応できる柔軟性を備えたマルチロールなプレーヤーを探すつもりだ」

【パルマ】スケロット「ここにとどまって代表復帰を果たしたい」

 ヴェローナ戦でゴールを決めたパルマ(レンタル元はインテル)のエセキエル・スケロットは、『Sky Sport』のマイクにこうコメントした。
「とても嬉しい。パルマに来たことに満足しているし、このままここで長くプレーしたい。チームもサポーターも温かく迎えてくれたし、向上するために頑張っている。今日のゴールはその努力へのご褒美だと思っている。代表? 夢であり目標だ。この調子で続けていけば、いつかは戻れるだろうと信じている」
 スケロットはここ4シーズン、チェゼーナ→カターニャ→アタランタ→インテル→サッスオーロ→パルマと、半年ごとに6つものクラブを渡り歩いてきた(アタランタのみ1年)。パルマに安住の地を見出すことができるか?

【翻訳:片野道郎】
【翻訳者からのごあいさつ】
 イタリアのスポーツ専門局『SkySport』を舞台に活躍するジャンルカ・ディ・マルツィオは、移籍専門記者という新たなジャンルを独力で切り開いた草分けにして、他をまったく寄せ付けないトップランナーです。

 イタリア国内ではすでに数年前から超メジャーな存在でしたが、2013年1月にジョゼップ・グアルディオラ監督のバイエルン入りという大スクープをものにして、一躍ヨーロッパ中でその名を知られるようになりました。その後も、ウィリアン(当時シャフタール・ドネツク)がトッテナムからチェルシーに寝返った顛末など、イタリアにいながらワールドワイドな移籍情報をいくつもスクープしています。

 セリエAから下部リーグまで各クラブの会長やスポーツディレクターはもちろん、代理人からスカウトまで膨大な関係者と緊密なネットワークを持ち(iPhoneのアドレス帳には3000人以上のコンタクトが入っています)、他の記者には絶対入手できないディープな情報をキャッチ。素晴らしいのは、しっかり裏が取れるまでは決して情報を出さないところです。

 ご存じの通り、世界中を飛び交っている移籍関連ニュースの大半は、誰かの願望や思惑に基づくただの噂でありそれ以上ではありませんが、ディ・マルツィオが発信するニュースは、すべて彼自身のプライドがかかったガチネタであり、ハズレはほぼ皆無と言っても過言ではありません。移籍ネタに関しては、どんなにありそうな話でもディ・マルツィオが書くまでは嘘か本当かわからない、どんなにあり得ない話でもディ・マルツィオが書いたら本当、というのが、もはやこの業界の常識になっているくらいです。

 ツイッターのフォロワーは全世界で約30万人。日本では13年7月から『ワールドサッカーダイジェスト』誌に連載コラムを寄稿しています。先月、この連載を休載した時には、日本のフォロワーからいくつも問い合わせのリプライが飛んで来たほどの人気です。

 そんなディ・マルツィオのオフィシャルサイト『gianlucadimarzio.com』から、移籍関連を中心とする最新ニュースを毎日厳選してお伝えするのがこのコーナー。サプライズはあっても「ガセ」はありませんから、安心してお読みください。(片野道郎)
【関連記事】
【移籍市場超速報】アーセナル残留か、インテル移籍か|サーニャ
【移籍市場超速報】ヴィディッチがインテルと正式契約
【移籍市場超速報|特別編】W杯出場国の注目のタレント10選
【移籍市場超速報】サネッティ「シーズン終了後に結論を」
【移籍市場超速報】35歳クローゼ、契約更新へラツィオとポジティブな話し合い

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    7月18日発売
    欧州王者はスペイン!
    EURO2024
    大会総括
    出場24か国の通信簿
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ