【日本代表】南野拓実が大迫勇也から「見習うべきところがある」と感じた部分とは?

カテゴリ:日本代表

広島由寛(サッカーダイジェスト)

2018年10月17日

大迫との連係に手応えを語る南野

パナマ戦に続き、ウルグアイ戦でも2トップでコンビを組んだ大迫(左)と南野(9番)。前者は1得点、後者は2得点の活躍で南米の強豪国からの勝利に貢献した。(C)SOCCER DIGEST

画像を見る

[キリンチャレンジカップ2018]日本 4-3 ウルグアイ/10月16日/埼スタ
 
 4日前のパナマ戦から先発9人を入れ替えて臨んだウルグアイとの一戦。引き続き、スタメンに名を連ねたのは、2トップを組む大迫勇也と南野拓実だけだった。
 
 前者は36分に、後者は10分、66分とそれぞれゴールを決め、日本の4-3の勝利に貢献。ともにフル出場を果たし、ゴール以外でも際立つパフォーマンスを見せていた。
 
 とりわけ、南野は森保ジャパンの初陣となった9月11日のコスタリカ戦、続くパナマ戦でもそれぞれ1ゴールを挙げており、今回のウルグアイ戦の2ゴールを含めれば“3戦4発”と絶好調だ。
 
 そんな南野は、大迫との連係について「パナマ戦に比べても、良くなってきていると自分は感じています」とウルグアイ戦を振り返る。具体的には「サコ君にボールが入った時、その周りで上手く動けたし、あまり動きもかぶらず、ビルドアップの時もお互いにスペースを消し合わずにプレーできたかな」という。
 
 今夏のロシア・ワールドカップでもレギュラーを張った大迫とともに、同じピッチに立つことで、様々な収穫もあった。
 
「守備のところとか、チームが苦しい時にボールを収める役目というところで、やっぱりサコ君は僕よりチームを助けていた。そこはもっと見習うべきところでもある」
 
 大迫の武器のひとつであるポストプレーに南野は感銘を受けたようだ。そうした課題を一つひとつ克服しながら、さらなるステップアップを遂げた時、森保ジャパンの2トップはさらに強力なコンビになるはずだ。
 
取材・文●広島由寛(サッカーダイジェスト編集部)

【日本代表】ウルグアイ戦を彩った「美女サポーター」

【大迫勇也PHOTO】前線の起点となった大迫。森保ジャパン初ゴール!!

【南野拓実PHOTO】圧巻の2ゴール!3戦連発で勝利に大きく貢献!!

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 6月11・25日合併号
    5月28日発売
    現役選手、元代表選手など
    総勢50人がセレクト!!
    Jリーグ歴代
    最強チームはどれだ!?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月21日発売
    数多のドラマと議論を生んだ
    黄金のナンバーを深掘り!
    「背番号10」のすべて
    欧州4大の10番名鑑付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ