3戦連発&2ゴールの南野が明かす先制弾の舞台裏。「翔哉からパスが来るタイミングとか…」

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年10月16日

中島とのホットラインで奪った先制弾に南野は手応え十分!

森保ジャパンでは3戦4発。南野はストライカーとして十分すぎる働きを見せている。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

[キリンチャレンジカップ2018]日本 4-3 ウルグアイ/10月16日/埼玉スタジアム2002
 
 10月16日、日本はキリンチャレンジカップでウルグアイと対戦。序盤からアグレッシブな戦いぶりで、3失点を喫しながらも南米の強国から4ゴールを挙げて歓喜の瞬間を迎えた。
 
 FIFAランキング5位のウルグアイから勝利を挙げた森保ジャパンにおいて、確かな存在感を見せた選手がいる。背番号9を背負う南野拓実だ。
 
 0-0で迎えた12分に中島翔哉のラストパスから右足を振り抜き、代表戦3戦連発となる一撃を叩き込んだ。さらにスコアが動き3-2となった66分には、堂安律が放ったミドルシュートのこぼれ球に詰め、この日2点目となるゴールを決めた。
 
 2得点の活躍を見せた南野は充実した表情で試合を振り返り、「チームとして勝ち切れたことが非常に良かったと思いますし、自分としてもゴールで勝利に貢献できた」と自身の得点でウルグアイ撃破を成し得た結果に頬を緩ませた。
 
 とりわけ、均衡を破った1点目に関しては、中島との連係が上手くハマったゴールだったという。「翔哉からパスが来るタイミングとかあそこに欲しいというのは試合前から話していた」と話し、先制弾は同じリオ五輪世代のアタッカーと阿吽の呼吸を披露できた結果だとした。
 
 次の代表活動は11月。それまではオーストリアのザルツブルグに戻り、さらなるレベルアップに励む。
 
「チームに帰ってまた代表でプレーできるように一からアピールをしていきたい」
 
 南野はウルグアイ戦の結果に慢心せず、再び代表でスポットライトを浴びるための準備を進めていく。

【日本代表PHOTO】日本 4-3 ウルグアイ|南野が2ゴールの活躍! 強豪相手に4発で森保ジャパン3連勝

【日本代表】ウルグアイ戦を彩った「美女サポーター」

【南野拓実PHOTO】圧巻の2ゴール!3戦連発で勝利に大きく貢献!!

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ラグビーダイジェスト
    10月25日発売
    完全保存版
    ワールドカップ2019
    大会総集編
    全試合を徹底詳報!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト11月28日号
    11月14日発売
    冬の移籍マーケット
    Jリーガー、欧州組etc
    注目株30人の
    「去就大予測」
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    11月7日発売
    バロンドール候補から
    知られざる実力者まで
    世界を沸かせる
    最新「HOT 100」
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.28
    7月10日発売
    「インターハイ選手名鑑」
    男子出場52校・1040選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場16校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ