ドイツ、オランダに3点差の敗北は史上初…ボールは保持するも守備の脆さを突かれて失点重ねる 【NL】

カテゴリ:国際大会

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年10月14日

3失点目ではドリブルでの中央突破を許す…

局面での勝負にも負けていたドイツ。決して勝てない試合ではなかったが、それでこの大差……。3失点はいずれも、悪い点の取られ方だったと言えよう。次のフランス戦までに、どれだけチームを立て直せるか!? (C) Getty Images

画像を見る

 10月13日(現地時間)、UEFAネーションズ・リーグ(NL)が行なわれ、リーグAのグループ1では、オランダが3-0でドイツを下した。
 
 オランダが1敗、ドイツが1分けで迎えたアムステルダムでの一戦、開始3分でベルフバインのスルーパスにデパイが反応し、ホームチームがチャンスを掴みかけるが、ドイツは飛び出したGKノイアーが先にボールに追いついてこれを防ぐ。
 
 その後は互いにボールを回してチャンスを窺う時間が続いたが、15分、ドイツは左サイドの連係プレーからヴェルナーがDFラインの裏に抜け出す。しかし、GKシレッセンにコースを塞がれ、シュートはゴールマウスを捉えられない。
 
 これをきっかけにドイツは攻勢を強め、17分にもヴェルナーが左からペナルティーエリアに侵入し、その1分後にはCKからクロースの横パスを受けたミュラーが枠内へのダイレクトシュート、その直後にもウートがフィニッシュまで持ち込む。
 
 オランダは20分にFKからデリフトがファーストシュートを放つが、その直後にはDF陣がボールの処理にもたついてウートに奪われてシュートを許すという、危ない場面を迎えた。
 
 しかし、ホームチームはここから攻勢に転じ、30分、CKでバベルが競り勝ってヘディングシュート。これはクロスバーにはね返されるも、ファン・ダイクが詰めて先制ゴールを奪う。
 
 これで勢いを得たオランダは、選手の動きが良くなり、今ひとつプレーのスピードが上がらないドイツにプレッシャーをかけて奪い、良いかたちで次々に攻撃を仕掛ける。34分に右サイドを抜け出したダンフリーズが高速クロスでドイツDF陣を慌てさせ、38分にはベルフバインがきわどいミドルを放つ。
 
 さらに42、45分にもデパイが得点機を迎えたオランダは、攻勢のまま前半を終えた。
 
 一方のドイツは守備に難があり、前を向いてドリブルできるだけの時間とスペースをオランダに与え続け、多くのピンチを迎える羽目となった。攻撃では、38分にミュラーがエリア内でシュートチャンスを得るもボールはサイドネット外、42分のウートのヘディングシュートも力なくシレッセンにキャッチされた。
 
 後半、先に決定機を迎えたのはアウェーチーム。53分、左からのクロスがウートの頭に合うも、前にいたバベルにブロックされる。左サイドから攻撃を仕掛けるドイツは、その後も交代出場のドラクスラー、そしてウートがクロスからダイレクトシュートを放つも、ゴールネットを揺らすことはできない。
 
 57分にミュラーからザネが投入されたことで攻撃が活性化され、ドイツはオランダを押し込む。左から積極的にドリブルで勝負を仕掛けたり、ミドルを狙ったザネは65分、キミッヒのスルーパスを受けてエリアに侵入するが、決定的なシュートはゴール前を通過してしまう。
 
 70分にはエリア外でのパス回しから、キミッヒの浮き球のパスをドラクスラーがダイレクトボレーで叩くも、わずかにクロスバーの上。72分には、ザネが技巧的なドリブルで複数の相手DFを翻弄する。74分のクロースのFKは、ゴール左外に逸れていった。
 
 時折、オランダの高速ドリブルによるカウンターを受け、76分にはデパイに危ないシュートを浴びたドイツだが、これをしのぎながら、後半は大部分の時間をオランダ陣内で過ごす。78分にはブラントがエリア内でダイレクトシュートを放つも、DFにブロックされた。
 
 集中してドイツの攻撃をはね返し続けるオランダは80分、中盤でのボール奪取からカウンターを仕掛け、ヴァイナルダムがフリーでの得点機を迎えたが、シュートは大きく浮いてしまい、ドイツを引き離す絶好のチャンスを逃す。
 
 しかし87分、ドイツの中途半端なパスを中盤でカットすると、スルーパスを受けた右サイドのプロメスがドリブルで突き進んで逆サイドのデパイへグラウンダーのパス。何度か好機を逸していた10番は、これを確実に決めて追加点、ほぼオランダの勝利を決めた。
 
 デパイはアディショナルタイムにも独走から強烈なシュート。これはクロスバーをヒットしたが、オランダは93分、ベルフバインがドリブルで中央突破してゴール左隅に突き刺し、リードを3点に広げて会心のゲームを締めた。
 
 先月のフランス戦では、世界王者相手に力の差が否めなかったオランダだが、この日は守勢の時間こそ長かったものの、ドイツをたびたび脅かして快勝した。

 一方のドイツは、ロシア・ワールドカップでも見られたような試合運びの拙さで大敗……。守備面の脆さがこの試合でも目立ち、攻撃では最後の部分でアイデアに欠け、終わってみれば大敗を喫した。再浮上の道は、予想以上に険しいものとなるのか。
 
 今後、ドイツは16日にフランスとサンドニで対戦。オランダのNLの次戦は11月16日、ホームにフランスを迎える。

 なお、13日に行なわれたNLの試合結果は以下の通り。
 
◇リーグA
グループ1:オランダ 3-0 ドイツ
◇リーグB
グループ1:スロバキア 1-2 チェコ
グループ4:アイルランド 0-0 デンマーク
◇リーグC
グループ3:ノルウェー 1-0 スロベニア
グループ3:ブルガリア 2-1 キプロス
◇リーグD
グループ1:ジョージア 3-0 アンドラ
グループ1:ラトビア 1-1 カザフスタン
グループ4:アルメニア 0-1 ジブラルタル
グループ4:マケドニア 4-1 リヒテンシュタイン
【関連記事】
【セルジオ越後】"本番"はウルグアイ戦、この2連勝で強くなったと勘違いしちゃいけない
【日本3-0パナマ|採点&寸評】2試合連続ゴールの南野がMOM!19歳・冨安もまずまずのデビュー
【釜本邦茂】同じ3対0でもちょっと違う… 私にはコスタリカ戦ほどの驚きはなかったね
ロシアでの悪夢も通過点に過ぎない! 再浮上への一歩を踏み出したドイツ代表 【現地発】
パリSGのCL5点差勝利に八百長疑惑?「フランス当局が捜査に乗り出した」と報道
アンリ“監督”誕生! 低迷する古巣モナコへの電撃復帰が決定!! 「私にとって特別なクラブだ」
南野を持ち上げ過ぎるべきではない。トラップやターンの質はまだ香川のほうが上だ

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年8月25日号
    8月10日発売
    J1&J2全40クラブ
    夏の補強総決算!!
    最新スカッド
    新戦力インタビューも充実
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月4日発売
    2022ー23シーズン
    欧州各国リーグ
    開幕ガイド
    最新選手名鑑付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.36
    7月8日発売
    夏の風物詩が開幕!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52チームを徹底紹介
    1040選手の顔写真&データ網羅
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ