ロシアでの悪夢も通過点に過ぎない! 再浮上への一歩を踏み出したドイツ代表 【現地発】

カテゴリ:連載・コラム

中野吉之伴

2018年10月13日

ドイツの土壌はそんなに“やわ”じゃない!

本日(日本時間14日3時45分~)、NLでオランダと対戦するドイツ。アウェーマッチだが、あらゆる意味で絶対に勝っておきたい一戦だ。写真は先月のフランス戦。 (C) Getty Images

画像を見る

 ロシア・ワールドカップでの早期敗退は、ドイツにとって大きなショックだったのは間違いない。だが、あれがドイツ・サッカーの将来を閉ざし、全てに絶望しているのかといえば、そんなことはない。
 
 フライブルクのユースダイレクター、アンドレアス・シュタイエルトに、代表のW杯敗退が影響を及ぼしたことは何かあったのか? と先日、尋ねてみたが、答えは非常にシンプルだった。
 
「ないよ。本当に、何もない。私はチームに帯同していたわけではないから、内部のことは分からない。でも、選手たちの質を見たら、どれだけ高いレベルを備えているかは分かる。W杯では、確かにうまくいかなかった。でも、それはひとつのチームの、一大会での話だ」
 
 EURO2000で無残なグループリーグ敗退を喫した時とは、状況が違う。
 
 あの頃は、選手、チームから希望を見出すことができなかった。世代交代をしようにも、どこに代わりとなる選手がいるのか? という混乱があった。全てを変えなければ……という危機感をみんなが抱え、だからこそ、大がかりなタレント育成改革が断行されたわけだ。
 
 対して、現在のドイツの土壌は、そんなに“やわ”なものではない。
 
 もちろん、あのロシアでの「悲劇」に納得しているドイツ人はひとりもいないし、やり直せるなら、すぐにでもやり直したい。
 
 ドイツ・メディアのあいだでは、様々な噂話が取り上げられ、それだけを読むと、とりかえしのつかない“ズタボロ状態”だったと錯覚してしまう。メスト・エジルのDFB(ドイツ・サッカー連盟)告発引退騒動は、大きな波紋を広げた。今、ドイツ・サッカーを悪く語ろうと思えば、どこまでも悪く語ることができるだろう。
 
 だが、それが何をもたらすのだろうか。ドイツ・サッカー界の重鎮の目は、すでに未来を見据えている。
 
 例えば、元ドイツ代表キャプテンのマティアス・ザマーは、「我々はまた、サッカーの話をしなければならない」と語っていた。メディアの情報に踊らされるのではなく、今大会のサッカーで何が良くなかったのか、何が足らなかったのか、何をしなければならないのか、を突き詰めなければならない、と。
 
 ヨアヒム・レーブ監督は、9月に行なわれたUEFAネーションズ・リーグ(NL)フランス戦前の記者会見で、ロシアW杯の失敗について、こう見解を示した。
 
「私が犯した最大のミスは、自分たちの得意なスタイルでグループリーグは突破できると信じ過ぎたことだ。そのためには、全ての条件が整っていなければならない。そうすることで、高いリスクを回避することができるのだが、そのための条件が自分たちに合っていなかった。
 
 今、振り返ると、自惚れのようなものがあったと言わざるを得ない。あのサッカーで頂点へ昇り詰めたいと思い、そのためにもっとパーフェクトなものにしたかった。だが、私は14年ブラジルW杯の時のように、オフェンスとディフェンスのバランスのあいだで準備しなければならなかった」
 
 自省し、一度じっくりと時間を取り、また戦うための英気を養った。「W杯が終わって数日後の段階で、新しい挑戦に向けて、力とやる気が溢れてくるのを感じた。また始まるのが楽しみだ」と、指揮官は語っていた。
【関連記事】
【セルジオ越後】"本番"はウルグアイ戦、この2連勝で強くなったと勘違いしちゃいけない
【日本3-0パナマ|採点&寸評】2試合連続ゴールの南野がMOM!19歳・冨安もまずまずのデビュー
【釜本邦茂】同じ3対0でもちょっと違う… 私にはコスタリカ戦ほどの驚きはなかったね
「今の代表には活気がない…」韓国に敗戦のウルグアイを母国メディアは酷評。71歳の老将の見解は?
イングランド代表初の「2000年代生まれ選手」が誕生! 歴代9位の若さでデビューのサンチョに仲間も賛辞
南野を持ち上げ過ぎるべきではない。トラップやターンの質はまだ香川のほうが上だ
ベルギーがルカクの2発でNL連勝! ブラジルはネイマールの2アシストでサウジを下す 【代表マッチ】
無観客での一戦はクロアチア、イングランドともに無得点…18歳サンチョがA代表デビュー!【NL】

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 夏のマーケットを読み解く!
    7月4日発売
    SUMMER TRANSFER 2024
    夏の移籍市場
    徹底攻略ガイド
    注目銘柄を総チェック
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ