【日本代表】大迫、原口の“ロシア組”との融合に、南野拓実が感じた収穫と課題

カテゴリ:日本代表

広島由寛(サッカーダイジェスト)

2018年10月12日

「もっと良くなると思います」

原口(8番)や大迫との融合について、課題を含めて南野は確かな手応えを得たようだ。写真:山崎賢人(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

[キリンチャレンジカップ2018]日本 3-0 パナマ/10月12日/デンカビッグスワンスタジアム
 
 9月のコスタリカ戦に続き、10月シリーズのパナマ戦でも1ゴール。2戦連発の南野拓実は、着実に森保ジャパンでの地歩を固めている。
 
 パナマ戦では前線で大迫勇也と組み、左サイドでは原口元気が先発。世代間の融合がひとつのテーマであるなか、ふたりの“ロシア組”とのプレーを南野はどう感じたのか。
 
「サコ君(大迫)は収まるし、それはやりやすかった。僕がもう少し前を向いて、サコ君が動き出した時に、スルーパスだったり、っていうところをもっと増やしていければいいのかなと思う。ふたりの関係性でゴールに迫っていくプレーももっと増やしていければ」
 
 一方、原口との関係性については次のように述べる。
 
「元気君が中に入ってきた時は、僕が外に開く場面もあったりして。元気君にくさびが入ってきた時に、ワンタッチで僕にフリックする場面もあったけど、そういうところで(ボールを)失ったりとかしていたので、そこは僕が受けやすいポジションに動くとか、そういう工夫が必要かなと感じた」
 
 初めての“セッション”に確かな収穫といくつかの課題が見えたようだが、「もっと良くなるなと思います」と南野は手応えを語る。
 
 いずれにせよ、前線に張るだけでなく、中盤まで降りて組み立てに貢献するなど、広いエリアでプレーに関与しリズムを生み出していた南野のパフォーマンスは、経験豊富なロシア組にまったく引けを取っていなかった。
 
 なによりもゴールという結果を残している。攻撃のキーマンとして、その存在感をますます高めているのは間違いない。
 
取材・文●広島由寛(サッカーダイジェスト編集部)
 
【日本代表PHOTO】日本 3-0 パナマ|コスタリカ戦に続いて3発快勝の森保ジャパン! 南野&伊東がゴールで猛アピール!

【日本代表PHOTO】寒空の中、サムライブルーを後押しした熱きサポーターたち!

【南野拓実PHOTO】2戦連続弾とフィーバーしている南野の写真はこちら!
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト増刊
    11月16日発売
    鹿島アントラーズ
    悲願のACL制覇
    「20冠達成記念号」
    ジャンボポスター付き!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト増刊
    11月15日発売
    川崎フロンターレ
    J1連覇記念増刊号
    栄光の軌跡をプレイバック
    ジャンボポスター付き!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト12月13日号
    11月22日発売
    2018年シーズン J1全18クラブ
    「補強予測」
    今季の戦いぶりから占う
    ベスト&ワーストシナリオ
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月6日発売
    取材記者が注目17人を斬る!
    2019年移籍マーケットの
    メインキャスト身辺調査
    豪華壁掛けカレンダー付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.26
    12月5日発売
    冬の決定版!
    2018選手権名鑑
    男子48代表・1440選手を紹介
    女子も32代表を徹底網羅!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ

pixel?mid=00846a63b4c111422a673dd1fbdd898d24