「南野がパナマを惑わせた」「将来有望な伊東」スペイン・メディアが日本の若手攻撃陣を称賛!!

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年10月12日

「日本は新戦力の輝きで勝利を収めた」と森保監督の手腕を評価

コスタリカ戦に続いてゴールを決めた南野。DFに競り負けない強さが評価されている。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 10月12日、森保ジャパンの2戦目となるパナマ戦が新潟で行なわれ、3-0で日本が完勝。南野拓実や伊東純也のゴールで、ワールドカップ出場メンバーを含むパナマを破った結果を、スペイン紙『La Vanguardia』も速報で報じている。

 同紙では「フェルナンド・トーレスがプレーし、ラ・リーガでプレーする乾貴士や柴崎岳の故郷である日本」と注目している旨を前置き、森保一監督の新たなチーム作り、そして新戦力の活躍を高く評価している。

「ハジメ・モリヤスは新たな日本代表の制作に着手している真っ最中だ。

 ロシア・ワールドカップ後にサムライブルーの舵を取ることになった森保監督は、コスタリカ戦に続いて2連勝。しかも、新しい戦力を取り込んだ新たなチームによって勝利を挙げるという結果を導いている。

 コスタリカ戦でゴールを決めた南野は、パナマ戦の出だしこそ苦しんだものの、徐々に自らのスペースを獲得し、パナマの守備を惑わせ、最後はハロルド・カミングスとの競り合いに勝利した。

 後半はもう日本の時間だった。それでもパナマ代表のホセ・ルイス・ロドリゲスやマイケル・ムリージョは見せ場を作っていたように思う。

 ただ、日本には将来有望な伊東純也がいた。彼は南野と同様、コスタリカ戦で代表初得点を挙げ、続いてパナマ戦でも2点目を決めた。

 そしてトドメに、ゴールキーパーの前に川又堅碁が迫ると、ハロルド・カミングスのオウンゴール。それでもパナマは反撃のための狼煙を上げることはなかった。

 新しく生まれ変わった日本代表は若手の才能が輝き、パナマを3-0で下した。新戦力を交えてこの結果を導き出した森保監督の心中はおそらく、明るい気持ちであろう。青いサムライは火曜日にロシア・ワールドカップのベスト8に昇りつめた、ウルグアイと親善試合を予定している」

 コスタリカ戦で海外からの評価が高かった中島翔哉、堂安律に続き、2試合連続ゴールを決めた南野拓実や伊東純也にも集まっているようだ。

【日本代表PHOTO】日本 3-0 パナマ|コスタリカ戦に続いて3発快勝の森保ジャパン! 南野&伊東がゴールで猛アピール!

【日本代表PHOTO】寒空の中、サムライブルーを後押しした熱きサポーターたち!

【南野拓実PHOTO】2戦連続弾とフィーバーしている南野の写真はこちら!
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月18日発売
    2021 Jリーグ選手名鑑
    全57クラブを完全収録!!
    データ満載のNo.1名鑑
    ポケット版も同時発売!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2月25日・3月11日合併号
    2月10日発売
    J1&J2リーグ
    開幕ガイド
    順位予想、開幕戦の見どころ、
    今季の注目株etc を総ざらい!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    3月4日発売
    歴代レジェンドチーム
    最強はここだ!!
    1990年以降の「ナンバー1」を
    海外記者の投票で決定
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ