快挙達成のU-16タジキスタン代表に凱旋フィーバー! 選手への報奨金は国民平均年収の数倍も!

カテゴリ:ワールド

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年10月12日

大統領がじきじきに労いの言葉を

まさに国民的英雄となって凱旋帰国したU-16タジキスタン代表の選手たち。今後も日本代表の良きライバルとなっていくだろう(写真はAFC公式ツイッターより)。

画像を見る

 マレーシアで開催されていたU-16アジア選手権は、森山佳郎監督率いるU-16日本代表の優勝で幕を閉じた。
 
 その大会で一大センセーションを巻き起こしたのがアウトサイダー、タジキスタン代表だ。決勝トーナメントに入ってから北朝鮮、韓国を延長・PK戦の末に連破してワールドカップ行きの切符を手にすると、初の決勝の舞台でもグループリーグでスコアレスドローを演じた日本を相手にふたたび大健闘。惜しくも0-1で敗れたものの、その攻守両面における組織的なサッカーは各方面から高い評価を得た。
 
 当然、タジキスタン国内の盛り上がりは尋常ではなかったようだ。AFC(アジア・サッカー連盟)の公式サイトは彼ら代表チームが凱旋した際の様子をレポート。帰国時の空港にはサポーターや国民が大挙して押しかけ、パニック状態に陥ったという。

 
 チーム一行はすぐさま大統領府へ向かい、エモマリ・ラーモン大統領と会談。「君たちを誇りに思う。大会中は数百万のタジキスタンの人びとが君たちに愛情を示し続け、国が一体となって応援していた。強豪国を相手によくぞあそこまで戦ってくれた」と、国家元首から労いの言葉を贈られた。
 
 さらにその場で大統領は、国費から選手全員に報奨金を贈呈することも発表。33人に対して66万スモーリ(約788万円)を捻出したという。単純計算でひとりあたり、およそ24万円。中央アジアのなかでも生活水準の低い国として知られ、国民の平均年収は350ドル(約3万8000円)前後。十代の青年たちは破格のボーナスを受け取ったことになる。タジキスタン国民を勇気づけた快進撃の価値は、まさしくプライスレスだったのだ。
 
 いずれにせよ、今後も日本代表にとって侮れないライバル国となるのは間違いない。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト増刊
    11月16日発売
    鹿島アントラーズ
    悲願のACL制覇
    「20冠達成記念号」
    ジャンボポスター付き!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト増刊
    11月15日発売
    川崎フロンターレ
    J1連覇記念増刊号
    栄光の軌跡をプレイバック
    ジャンボポスター付き!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト12月13日号
    11月22日発売
    2018年シーズン J1全18クラブ
    「補強予測」
    今季の戦いぶりから占う
    ベスト&ワーストシナリオ
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月6日発売
    取材記者が注目17人を斬る!
    2019年移籍マーケットの
    メインキャスト身辺調査
    豪華壁掛けカレンダー付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.26
    12月5日発売
    冬の決定版!
    2018選手権名鑑
    男子48代表・1440選手を紹介
    女子も32代表を徹底網羅!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ

pixel?mid=00846a63b4c111422a673dd1fbdd898d24