「文句なしの出来映え」「鉄壁の守備だ」アジア制覇の森山ジャパンを海外メディアが激賞!

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年10月08日

U-17W杯は来年10月5日にペルーで開幕

大会初ゴールを決めた西川(10番)が喜びを爆発させる。このエースの一撃が値千金の決勝弾となった。写真:佐藤博之

画像を見る

 U-16日本代表の史上最多3度目の優勝で幕を閉じたU-16アジア選手権。10月7日にマレーシア・クアラルンプールで開催された決勝で、日本はタジキスタンの激しい抵抗に遭いながらも虎の子の1点を奪い、1-0の勝利を挙げた。
 
 米ネットワーク『Fox Sports Asia』のアジアサッカー通記者、ガブリエル・タン氏はすぐさまこのファイナルをレポート。「日本が勇敢なるタジキスタンを下して勝ち切る」と銘打ち、日本の戴冠劇を称えながらも、中央アジアのチャレンジャーの健闘を持ち上げた。
 
 タン記者は「素晴らしい攻防戦が繰り広げられ、ともにいくつかのチャンスを掴んだが、試合を通じて決まったのはたったとひとつのゴールのみだった。63分にジュン・ニシカワ(西川潤)が冷静にハーフボレーを決め、日本が3度目のタイトルを引き寄せたのだ」と綴り、「文句なしの出来映えだった」と評した。

 
 一方で快進撃を続け、2度目のU-17ワールドカップ切符を手にしたタジキスタンについては、「称えられて然りの戦いぶりで、決勝でも常にアグレッシブに振る舞い、果敢に前に打って出た。リードを奪われてから決死の反撃を試みたが……最後の局面でのアイデアに欠けてしまった」と記し、「日本はリク・ハンダ(半田陸)を中心としたディフェンスが鉄壁で、高い集中力でタジキスタンの攻撃を跳ね返し続けた」と、森山ジャパンの守備を絶賛している。
 
 今大会のベスト4である日本、タジキスタン、韓国、オーストラリアは揃って、来年ペルーで開催されるU-17ワールドカップの出場権を得た。アジア勢の過去最高位は4位(1989年大会のバーレーン、91年大会のカタール、95年大会のオマーン)で、AFC加入前のオーストラリアが99年大会で準優勝を飾っている。はたして日本を含む4チームは20年越しの大躍進を遂げられるか。ビッグトーナメントは2019年10月5日に開幕する。
【関連記事】
「史上最多だ!」「日本の執念が実った」3度目アジア制覇のU-16日本代表をAFC公式が絶賛!
U-16代表のエース西川潤が指揮官の"雷"で覚醒!「自分が決めなきゃダメだと思い過ぎていた」けど…
「オーストラリアをコテンパンにした!!」若き日本代表の快進撃を海外メディアが絶賛!
「初の歴史的快挙だ!」U-16タジキスタンが韓国撃破の大金星! 日本との決勝へ
「笑っちゃうほどカワイイ!」韓国女子代表のビーナス、イ・ミナが2か月ぶりに自撮り写真を公開!

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年8月25日号
    8月10日発売
    J1&J2全40クラブ
    夏の補強総決算!!
    最新スカッド
    新戦力インタビューも充実
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月4日発売
    2022ー23シーズン
    欧州各国リーグ
    開幕ガイド
    最新選手名鑑付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.36
    7月8日発売
    夏の風物詩が開幕!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52チームを徹底紹介
    1040選手の顔写真&データ網羅
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ