「史上最多だ!」「日本の執念が実った」3度目アジア制覇のU-16日本代表をAFC公式が絶賛!

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年10月08日

苦闘の連続で掴んだ栄冠、そして自信

2大会連続のU-17W杯出場を決め、6年ぶり3度目のアジア制覇を達成した森山ジャパン。苦闘の末に辿り着いた頂点に、表彰式では歓喜が弾けた。写真:佐藤博之

画像を見る

 現地時間10月7日にマレーシアで行なわれたU-16アジア選手権決勝。グループリーグでスコアレスドローを演じた日本とタジキスタンの“再戦”は、後者の鋭いカウンターに苦しみながらも主導権を握り続けた前者に軍配が上がった。63分にエースの西川潤が決めた決勝弾を守り切り、日本が6年ぶり3度目のアジア制覇を果たした。
 
 森山佳郎監督が率いる若きサムライブルーの戦いぶりを称えたのが、AFC(アジア・サッカー連盟)の公式サイトだ。過去17回の大会で、日本はサウジアラビア、中国、韓国、北朝鮮、オマーンとともに2度の優勝を誇っていたが、今回の戴冠で頭ひとつ抜け出した。「日本代表の若武者たちが史上最多3度目の栄誉を手にし、凱歌を上げた」と綴り、以下のようにマッチサマリーを掲載している。

 
「日本は戦前の予想通り、分厚いポゼッションでゲームを支配したが、タジキスタンも効果的なカウンターで応酬し、ともにチャンスを掴み合う激しい攻防戦となった。それでも均衡を破ったのは日本だった。63分、リュウマ・ナカノ(中野瑠馬)が鮮やかなステップで左サイドを突破し、中央へ正確なパス。ぬかるんだピッチ状態ながら、これをジュン・ニシカワが確実に左足のハーフボレーで合わせ、決勝点としたのだ。日本の勝利への執念が実った瞬間だった」
 
 グループリーグを2勝1分けで切り抜け、決勝トーナメントに入ってからもオマーン、オーストラリアを相手に苦戦を強いられ、ひとつずつ勝ちを拾ってきた森山ジャパン。耐えに耐えて手にした栄冠と自信は、来年ペルーで開催されるU-17ワールドカップへの貴重な財産となったはずだ。
 
【関連記事】
「文句なしの出来映え」「鉄壁の守備だ」アジア制覇の森山ジャパンを海外メディアが激賞!
「オーストラリアをコテンパンにした!!」若き日本代表の快進撃を海外メディアが絶賛!
「初の歴史的快挙だ!」U-16タジキスタンが韓国撃破の大金星! 日本との決勝へ
「笑っちゃうほどカワイイ!」韓国女子代表のビーナス、イ・ミナが2か月ぶりに自撮り写真を公開!
さすが美女大国! ロシアW杯で出会った「美しすぎる」「可愛いすぎる」スタッフ!

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年8月25日号
    8月10日発売
    J1&J2全40クラブ
    夏の補強総決算!!
    最新スカッド
    新戦力インタビューも充実
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月4日発売
    2022ー23シーズン
    欧州各国リーグ
    開幕ガイド
    最新選手名鑑付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.36
    7月8日発売
    夏の風物詩が開幕!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52チームを徹底紹介
    1040選手の顔写真&データ網羅
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ