【森保ジャパン最新序列/3-4-2-1編】シャドーはタレントの宝庫。小林、浅野が負傷のCFは大迫がファーストチョイス

カテゴリ:日本代表

本田健介(サッカーダイジェスト)

2018年10月12日

吉田は最終ラインに欠かせない存在

3-4-2-1の序列。シャドーには豊富な人材が並ぶ。

画像を見る

 9月のコスタリカ戦(3-0)で船出を切った森保ジャパンは、10月12日にパナマ戦(デンカビッグスワンスタジアム)、16日にウルグアイ戦(埼玉スタジアム2002)を迎える。
 
 パナマ戦はコスタリカ戦に続いて4-4-2を採用しそうだが、森保一監督は試合途中もしくはウルグアイ戦で、自身の代名詞と言える3-4-2-1を試すはずだ。そこでここでは3-4-2-1システムの序列を考察してみた。
 
【GK】
◎東口順昭/〇権田修一/△シュミット・ダニエル
 
 東口、権田、シュミットという序列は変わらない。9月シリーズでは、1番シュミット、12番東口、23番権田だった背番号が、10月シリーズでは1番東口、12番権田、23番シュミットに変更された点も、それぞれの立ち位置を表わしているように感じる。
 
 ただ3者にそれほど大きな力の差はなく、権田、シュミットがパナマ戦かウルグアイ戦で好パフォーマンスを見せれば東口と立場が逆転する可能性もある。特に権田は27節の柏戦で好セーブを連発し、28節の札幌戦ではPKストップも披露しており、鳥栖での好調ぶりを代表に活かせるか注目だ。
 
 ちなみに東口は2008年から13年まで新潟でプレーしており、パナマ戦が行なわれるデンカビッグスワンスタジアム(新潟の本拠地)は懐かしの場所。「久々にこのピッチに立ちたい」とコメントしている。
【リベロ】
◎吉田麻也/△冨安健洋

 10月シリーズのキャプテンに就任した吉田は欠かせない存在で、3バックの中央から最終ラインを統率してくれるはずだ。森保監督も「彼はトップクラスの経験の持ち主で、世界的なリーグでも戦っています。向上心を持って全力を尽くし、チームを機能させるために周囲とコミュニケーションも取っています」と大きな信頼を寄せる。
 
 一方、ライバルは19歳の冨安となるが、すぐさま吉田からポジションを奪えるとは考え抜くい。冨安本人も「正直、今の僕では(吉田に)到底及ばないですし、僕はまだ代表に入るべくして入っているとも思えません。ただ少し背伸びしてでもアピールできるところはしたいです」と語り、さらなる成長を誓っている。
 

【ストッパー】
〇槙野智章/〇三浦弦太/〇佐々木翔/△冨安健洋

 やや人材が不足気味のポジションだが、4バックではCB吉田の相棒の座を争う槙野と三浦が、3バックではともに定位置を掴みそうだ。対して今季の広島では左SBが主戦場の佐々木は左ウイングバックと、冨安はリベロとの併用になる。有事の際は彼らを起用して逃れるだろう。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 4月8日号
    4月8日発売
    2021 J.LEAGUE
    気になる疑問に独自回答!
    Jジャッジメント
    鳥栖&新潟ダイジェストも
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月15日発売
    ワールドクラス認定書
    売り出し中の逸材から
    中堅・ベテランの大物まで
    156人を現地鑑定人が見定める
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ