欧州5大リーグで「もっとも安定したクラブ」はリーガの2強? 平均在籍年数ランキング

カテゴリ:ワールド

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年10月11日

もっとも選手の在籍年数が短いのは…。

選手の在籍年数の平均が、欧州5大リーグの中でだんとつに長いマドリーとバルサ。「勝っているチームはいじらない」ということか。(C)Getty Images

画像を見る

 近年のサッカー界では、移籍が頻繁に繰り返される。長期にわたって同じクラブにとどまる選手が少なくなりつつあるのが現状だ。

 スイスを拠点とするサッカー関連調査機関の『CIES Football Observatory』は10月9日、今シーズンの欧州5大リーグで試合に出場したトップチーム選手の平均在籍年数ランキングを発表した(データはCIESによる)。

 ここでワンツーフィニッシュを飾ったのが、ラ・リーガの2強だ。レアル・マドリーが5.84年で首位、バルセロナが5.36年で2位につけている。

 2009年に加入したクリスチアーノ・ロナウドが去ったマドリーだが、2005年に加入したセルヒオ・ラモスや2007年1月入団のマルセロ、C・ロナウドと同じ年に加わったカリム・ベンゼマらがチームを“牽引”。近年、下部組織出身者が減りつつあるバルサも、リオネル・メッシやセルヒオ・ブスケッツ、ジェラール・ピケらカンテラーノの存在が大きい。

 リーガ勢に続いて3位に入ったのは、5.26年のバイエルン。フランク・リベリが2007年に加入し、2009年にはトーマス・ミュラーがトップチームに昇格。アリエン・ロッベンも加わった。
 
 平均在籍年数が5年を上回ったのは、欧州5大リーグではこの3クラブのみ。以降、上位10クラブはアトレティコ・マドリー(4.17年)、トッテナム(3.89年)、アスレティック・ビルバオ(3.80年)、マンチェスター・ユナイテッド(3.72年)、ボルシアMG(3.48年)、ナポリ(3.43年)、ボーンマス(3.37年)だ。

 一方、もっとも平均在籍年数が短かったのは、パルマの0.65年だ。これに、カーン(0.74年)、フロジノーネ(0.75年)、ウエスカ(0.81年)、ボローニャ(0.90年)、ジェノア(0.92年)、ベティス(0.96年)、ラージョ・バジェカーノ(0.99年)、ストラスブール(1.03年)、スタッド・ドゥ・ランス(1.05年)と続いた。

 CIESは今回のランキングを「もっとも安定した/していないクラブ」と評した。また、見方次第では、「もっとも忠誠心のある選手が多いクラブ/少ないクラブ」とも言えるかもしれない。

 もちろん、在籍年数が結果に結びつくとは限らない。ランキングに登場した各クラブが、今シーズンどのような戦いを見せてくれるか注目だ。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月5日発売
    欧州サッカーの1年を凝縮!
    EUROPE SOCCER TODAY
    完結編
    データ満載の保存版をお届け
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト6月27日号
    6月13日発売
    久保建英は欧州へ旅立つ?
    「夏の㊙移籍ファイル」
    テーマ別に総チェック!
    大宮&大分特集も必見
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月6日発売
    欧州強豪の思惑は?
    夏の移籍マーケット最前線
    コパ・アメリカ選手名鑑に
    マンC特別付録も必見!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.27
    1月18日発売
    全47試合を完全網羅!
    第97回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が2年ぶり制覇
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ