初招集の原口元気が感じた森保ジャパンの印象は?口にしたのは浦和時代の恩師との類似点

カテゴリ:日本代表

本田健介(サッカーダイジェスト)

2018年10月10日

「久しぶりにやると難しかった」と笑顔で振り返る

森保ジャパンに初招集された原口。トレーニングではある印象を抱いたという。写真:山崎賢人(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 10月10日、日本代表は新潟市内で12日のパナマ戦(デンカビッグスワンスタジアム)に向けてトレーニングを行なった。
 
 森保ジャパンに初招集された原口元気は、その練習にある印象を抱いたという。口にしたのは浦和時代の恩師との類似点だ。
 
「ミシャ(ペトロヴィッチ監督/現・札幌監督)のような練習が多かったですね。懐かしいというか、頭をフル回転させる練習が多くて、森保さん自体もミシャに影響されているのかなと感じました。懐かしさを覚えながらやっています。ポジションどうこうではないですが、練習のやり方、メニューが似ているんです」
 
 そし笑顔でこう続ける。

「久しぶりにやると難しいんですよ。ミシャの時も最初は相当に難しいと感じましたが、馴染んでくるというか、代表選手くらいの能力があれば、すぐ慣れると思いますし、試合では良いものが出せるはずです。試合より難しいことをやっているので、試合のほうが良いものを見せられると感じます」
 
 原口は2012年から14年の浦和時代にペトロヴィッチ監督の薫陶を受けて急成長。一方、森保監督は07年9月から09年までペトロヴィッチ監督の下でコーチを務め、その指導法を学び、その後の広島での3度のリーグ制覇へとつなげた。“ミシャスタイル”を熟知するふたりがタッグを組んだ時、どんな化学反応が起こるのか。原口のパナマ戦でのパフォーマンスは楽しみだ。
 
取材・文●本田健介(サッカーダイジェスト編集部)
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 4月8日号
    4月8日発売
    2021 J.LEAGUE
    気になる疑問に独自回答!
    Jジャッジメント
    鳥栖&新潟ダイジェストも
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月15日発売
    ワールドクラス認定書
    売り出し中の逸材から
    中堅・ベテランの大物まで
    156人を現地鑑定人が見定める
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ