スペイン代表復帰を喜ぶパコ・アルカセル 「バルサからの移籍決断を満足している」

カテゴリ:ワールド

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年10月10日

出場時間81分で得点ランキングのトップに!

公式戦4試合で7ゴールと快調にゴールを重ねるパコ・アルカセル。ドルトムント移籍は、ここまでのところ吉と出ているようだ。(C)Getty Images

画像を見る

 世界的な名門に在籍しても、試合に出られなければ選手はその機会を求めるようになる。この夏、バルセロナを離れてドルトムントにレンタル移籍したパコ・アルカセルもそのひとりだ。

 決断は功を奏した。ブンデスリーガ7節のアウクスブルク戦でハットトリックを達成するなど、アルカセルはわずか3試合、81分間の出場にもかかわらず、ブンデスリーガの得点ランキングでトップに立つ6ゴールをマーク。チャンピオンズ・リーグでも、モナコ戦でゴールを決め勝利に貢献している。

 公式戦4試合で7ゴールという活躍を受け、バルサ時代に指導したルイス・エンリケ監督は、アルカセルをスペイン代表に呼び戻した。2016年3月以来、2年半ぶりの代表復帰となる。
 
『ESPN』によると、代表復帰を果たしたアルカセルは10月9日の会見で、「ドルトムントで良いスタートを切れたおかげでここ(代表チーム)に戻ることができた」と、移籍の決断と新天地での好発進を喜んでいる。

「代表の選手たちは非常にうまい。選ばれるためには、彼らと同じようなハイレベルなプレーをしなければいけないんだ。ここに来ることができたのを誇らしく思う。ドルトムントでの仕事ぶりにとても満足しているよ」

 またアルカセルは、「出場機会を見つけ、自分の仕事を楽しむために、移籍して別のところに行こうと決めたんだ」と振り返った。

「バルセロナでは、リオネル・メッシやルイス・スアレス、フィリッペ・コウチーニョといったクオリティーの選手たちがいて、出場機会を得るのが非常に難しい」

「自分の決断にとても満足している。ドルトムントに来た初日から、チームのみんなが助けになってくれた。国外に挑戦し、言葉もしゃべれない大変さを考えてくれたんだ。僕もうまく適応できた」

 もちろん、ここで立ち止まるつもりはない。アルカセルは「スローダウンしないで続けなければいけない」と、さらなる飛躍に向けて意気込んだ。

「代表に来て、チームを助けることが目標だ。プレーする機会をもらえたら、チャンスを生かしたい」

 スペインは11日の国際親善試合でウェールズと、15日のネーションズ・リーグでイングランドと対戦する。アルカセルは代表でもクラブでの好調を維持できるだろうか。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト増刊
    11月16日発売
    鹿島アントラーズ
    悲願のACL制覇
    「20冠達成記念号」
    ジャンボポスター付き!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト増刊
    11月15日発売
    川崎フロンターレ
    J1連覇記念増刊号
    栄光の軌跡をプレイバック
    ジャンボポスター付き!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト12月13日号
    11月22日発売
    2018年シーズン J1全18クラブ
    「補強予測」
    今季の戦いぶりから占う
    ベスト&ワーストシナリオ
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月6日発売
    取材記者が注目17人を斬る!
    2019年移籍マーケットの
    メインキャスト身辺調査
    豪華壁掛けカレンダー付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.26
    12月5日発売
    冬の決定版!
    2018選手権名鑑
    男子48代表・1440選手を紹介
    女子も32代表を徹底網羅!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ

pixel?mid=00846a63b4c111422a673dd1fbdd898d24