スペイン代表に初招集された「ホニー・カストロ」とは一体何者か?

カテゴリ:ワールド

ワールドサッカーダイジェスト編集部

2018年10月05日

左SBへのコンバートが転機に

スペイン代表に初選出されたホニー。新天地ウォルバーハンプトンでも不可欠な存在に。(C)Getty Images

画像を見る

 現地時間10月4日、スペイン・サッカー連盟は、11日のウェールズ(親善試合)と15日のイングランド戦(UEFAネーションズ・リーグ)に臨むスペイン代表23名を発表した。

 ルイス・エンリケ監督との確執が取り沙汰される左SBジョルディ・アルバ(バルセロナ)が、9月に続いて招集外となったこと以上に驚きを与えたのが、ホニー・カストロ(ウォルバーハンプトン)の初招集だ。

 右利きながら左サイドを主戦場とする24歳のSBは、175センチ・70キロと小柄だが、馬力のある攻め上がりと粘り強い守備が持ち味だ。
 
 転機となったのは、セルタ時代の2013-14シーズン。ウーゴ・マージョとの右SBの定位置争いに敗れ、開幕からほとんど出番のなかったホニーを、左SBにコンバートしたのが、当時セルタを率いていたL・エンリケだったのだ。

 その後は左SBのレギュラーに定着し、セルタの攻撃サッカーの一翼を担う。そしてこの夏、強豪アトレティコ・マドリーへ完全移籍を果たした。

 ただ、アトレティコの左SBは、退団が噂されたフィリペ・ルイスが残留し、バックアッパーにはロシアW杯の優勝メンバーであるリュカ・エルナンデスがいるため、ウォルバーハンプトンに貸し出される形になったのだった。

 その新天地でも、開幕から7試合連続で先発出場を果たすなど、左WBの定位置をがっちりキープし、7節のサウサンプトン戦ではプレミアリーグ初ゴールを記録。昇格組ながら9位と健闘を見せるチームで、小さくない存在感を放っている。
 
 もっとも、代表デビューは右SBになるかもしれない。ジョルディが不在とはいえ、左SBは前回に続いてマルコス・アロンソ(チェルシー)とホセ・ルイス・ガヤ(バレンシア)が招集されている一方、怪我のダニエル・カルバハル(レアル・マドリー)が外れ、セサル・アスピリクエタ(チェルシー)しか本職がいない。右のほうがチャンスはありそうだ。
 
 念願の初招集が叶ったホニーは、ラジオ・マルカのインタビューで、恩師L・エンリケについて次のように語っている。
 
「(セルタで指導を受けたのは)いい思い出だよ。最初は構想外のような扱いだったけど、コンバートによって最も出場機会の多い選手のひとりになったんだ。コインの裏表がひっくり返ったみたいにね。僕を左サイドバックで起用したのはルイス・エンリケが初めてだった。彼のスタイルは自分に合っていると思う」
 
 指揮官が求める「強さ」を備えているホニー。この愛弟子の活躍に注目が集まる。
【関連記事】
アジア歴代最強FWは誰だ!? AFC選出の9候補に元日本代表エースが堂々エントリー!
【パナマ戦のスタメン予想】W杯戦士の大迫、長友らは温存か? 予想困難なのはボランチ
元R・マドリーの日本人スタッフが語った驚きの秘話「退職の日にあのラウールがコーヒーに誘ってくれて…」
「別格」「魔法」「真の天才」「アーティスト」 仲間も対戦相手も解説者も…圧巻メッシに賛辞の嵐!
市場価格が3か月で10倍!「欧州5大リーグ得点王」のジェノアFWが冬にビッグクラブ移籍?

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年7月14日号
    6月23日発売
    先取りチェック!
    Jリーグ2022
    夏の移籍マーケット
    注目タレント最新動向
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月16日発売
    欧州メガクラブ
    新シーズンの
    究極スカッド
    海外専門家が理想陣容を探る
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ