浦和の連勝は3でストップ、橋岡大樹がプロ初ゴールを決めるも1-1ドロー。仙台は連敗を2で止める

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年10月07日

仙台の代表GKが好セーブを披露

プロ初ゴールを決めた橋岡(中央)。長澤のクロスを頭で合わせた。写真:田中研治

画像を見る

[J1リーグ29節]仙台1-1浦和/10月7日/ユアスタ
 
 J1リーグ29節のベガルタ仙台対浦和レッズが7日、ユアテックスタジアム仙台で行なわれ、1-1の引き分けに終わった。仙台は連敗を2でストップ。浦和は連勝が3で止まった。
 
 先手を取ったのは浦和だった。24分、左サイドでボールを持った長澤和輝が最終ラインの裏を狙ってクロスを入れると、フリーで走り込んだ橋岡大樹が合わせて、GKの頭上を抜くヘディングシュートを決めた。橋岡はこれがプロ初ゴールだった。
 
 一方の仙台は、粘り強く守りつつ、11節の北海道コンサドーレ札幌戦以来、18試合ぶりに先発出場した梁勇基を中心に攻撃を組み立てて、反撃の機会をうかがう。そうして迎えた40分、野津田岳人の鋭いFKを、ニアに走り込んだ板倉滉が豪快にヘッドで合わせて同点弾を叩き込んだ。
 
 後半は一進一退の攻防が続くなか、浦和がカウンターやセットプレーを軸にチャンスを作った。しかし、仙台のGKシュミット・ダニエルの好セーブに阻まれてゴールはならず。そのまま1-1で終了の笛を聞いた。
 
 この引き分けで仙台は勝点42とし、セレッソ大阪を抜いて7位に浮上。一方の浦和も同42としたが、順位は6位から変わらなかった。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト増刊
    11月16日発売
    鹿島アントラーズ
    悲願のACL制覇
    「20冠達成記念号」
    ジャンボポスター付き!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト増刊
    11月15日発売
    川崎フロンターレ
    J1連覇記念増刊号
    栄光の軌跡をプレイバック
    ジャンボポスター付き!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト11月22日号
    11月8日発売
    2019年 Jリーグ
    移籍市場を賑わす
    目玉タレント
    湘南ベルマーレ特集も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    11月15日発売
    現地記者が緊急提言!!
    マドリー&マンUの
    「V字回復プラン」
    ヴェンゲル直撃インタビューも!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.25
    7月11日発売
    2018インターハイ
    選手名鑑
    男子55代表・1100選手を紹介
    女子も16代表を徹底網羅!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ

pixel?mid=00846a63b4c111422a673dd1fbdd898d24