• トップ
  • ニュース一覧
  • 本田圭佑がオーストラリアで初ゴールを記録! しかし地元紙は「失望で試合を終えた」とチクリ、サポーターも不安を露わに

本田圭佑がオーストラリアで初ゴールを記録! しかし地元紙は「失望で試合を終えた」とチクリ、サポーターも不安を露わに

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年10月06日

テストマッチで主将、そしてPKを任された本田

開幕に向けて、本格的な実戦を始めたメルボルン・V。本田はキャプテンを任されるなど、チームの軸として期待されている。 (C) Getty Images

画像を見る

 10月5日(現地時間)、オーストラリアAリーグのメルボルン・ビクトリーは、ニュージーランドのチーム、ウェリントン・フェニックスと、シーズン前のテストマッチを行なった。メルボルン・Vは、本田圭佑をキャプテンに据えて臨み、本田はPKによる初ゴールを記録。しかし、ウエリントンのFWロイ・クリシュナにハットトリックを決められ、試合は1-3で敗れている。

 オーストラリア地元紙の『The Sydney Morning Herald』によれば、試合の大半はウェリントンのペースで進んでいたが、メルボルン・Vは本田圭佑のゴールで1点を返したのだという。

 現地での初ゴールとなったPKは、CFでプレーしていた元スウェーデン代表のオラ・トイボネンが相手DFにペナルティエリア内で倒され、獲得したものと説明されている。

 そして同紙記者のミシェル・リンチ氏は、「本田は前掛かりになりつつも細かいステップの後、ゴール左に流し込むシュートを放った。ゴールキーパーは右に飛んでしまい、ボールは簡単にネットを揺らした」と本田のゴールを称賛。試合中、本田はFKも任されていたようで、すでにチームの“軸”として君臨していたとも綴られている。

 だが、試合に敗北したことについては、落胆を隠していない。

 「日本人のスーパースターはキャプテンマークを腕に巻き、PKで得点をチームにもたらした。しかし、その影響力はチームメイトたちを勝利させるには及ばす、失望のまま試合を終えた。彼らは、観客たちに勝利をプレゼントすることはできなかった」
 また、Aリーグの公式メディアも本田の初ゴールを紹介し、称えつつも、チームとしての準備不足を指摘している。

「前シーズン王者であるメルボルン・Vのタイトル防衛は2週間経たないうちに始まり、メルボルンのライバルである、メルボルン・シティーとのダービー戦で幕を開ける。

 監督のケビン・マスカットはこの短い期間で守備を修正し、デビューした面々をまとめあげなければならない。メルボルン・Vのファンは、日本から来た32歳に期待している。彼は連覇に欠かせない重要人物であり、このゴールが、その約束を果たすための第一歩であることを願うだろう」

 メルボルン・Vの公式ツイッターは本田のゴールを紹介し、「クールなゴール! 本田圭佑はウェリントン・Fとの対戦でゴールを決めた」と喜びの声を上げている。これに対して地元サポーターは「それはいいけれど3失点してる」「最終スコアが1-3じゃ喜べない」といった冷静なコメントを寄せていた。

 メルボルン・Vの開幕戦「メルボルン・ダービー」は20日夕方に行なわれる。
【関連記事】
本田圭佑はいかにして新天地を決めたのか。メルボルン・V監督が明かす「入団交渉の舞台裏」
「偉大なチームは一日して成らず!」“監督”本田圭佑がカンボジア国民に感謝のツイート!
「めっちゃ切ないねん」本田圭佑はカンボジアの路上でなにを目撃した!?
【セルジオ越後】堂安があれだけやるなら本田のOAはいらないし、乾には中島という強力なライバルが現われたね
【セルジオ越後】現役の本田が代表を指揮? どれも中途半端に終わらなければいいけどね

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ特集
    6月10日発売
    詳細データ満載!
    J1&J2全40クラブ
    前半戦 通信簿
    全1366選手を完全査定
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 開幕前に総チェック!
    6月6日発売
    選手名鑑付き!
    EURO2024
    出場24か国
    戦術完全ガイド
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ