【鹿島】植田直通インタビュー「フィジカルなら海外の選手にも負ける気はしない」

カテゴリ:Jリーグ

五十嵐創(サッカーダイジェスト)

2014年07月31日

「俺から対人の強さを取ったらなにも残らない」

9節からスタメン出場を続ける植田。厳しいポジション争いを勝ち抜くためにも「1対1だけは絶対に負けない」と語る。(C) SOCCER DIGEST

画像を見る

――J1の後半戦が始まります。
「個人的に前半戦で結果を残せなかったので、これからが本当の勝負。練習から一生懸命に取り組んでいます」
 
――植田選手は9節からスタメン出場を続けていますね。
「ただ、レギュラーが保証されているとは思っていません。ポジション争いに打ち勝つためにも、1対1は絶対に負けちゃいけない。俺から対人の強さを取ったらなにも残らない。そこだけは、誰が相手だろうと負けないつもりです」
 
――ここまでの試合で、その対人の強さはアピールできていますか?
「まだまだです。全体的にレベルアップしないと上には行けない。毎試合、反省点が出てくるので、練習で修正していきたいです」
 
――チームは現在、リーグ4位です(17節終了時)。
「鹿島は優勝しか似合わないと思っているので、必ず最後は一番上に立つという気持ちで取り組んでいます。それは俺だけじゃなく、みんなが思っていること。残りの試合は全部勝つぐらいの勢いでやっていきます」
 
――前半戦はゴール数が伸びた一方で失点も多かったですね。
「チームとしてもそうですが、まずは自分が成長しなきゃいけない。声を出すのも大事。チームメイトと話し合って、いろんな選手と連係を合わせてチームに貢献したいです」
 
――組織的な守備の構築が今の課題だと?
「細かい部分をすり合わせていかないと甘さが出る。コンビを組んでいるCBや、SBとの話し合いは重要です。試合の映像を後で振り返っても、失敗した原因がハッキリしない時があるので、そういう課題を先輩たちに質問して解消しているところです」
【関連記事】
Jを面白くする浦和の守護神・西川の足技と鹿島の若手育成力|浦和 1-1 鹿島
A代表、なでしこ、U-21……日本代表各カテゴリーのスケジュールをチェック!!
【インタビュー】手倉森誠U-21日本代表監督「五輪世代に求めるのは柔軟性と割り切り」
【J1 リーグ再開!】週刊サッカーダイジェスト担当記者のチーム展望 鹿島編
J1後半戦へのビジョン|鹿島編|指揮官が注入する勝者のメンタリティーと臨機応変に戦える力

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いざアジア王者へ!
    5月10日発売
    悲願のACL初制覇へ
    横浜F・マリノス
    充実企画で
    強さの秘密を徹底解剖
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズンラストの決定版
    5月16日発売
    2023-2024シーズン
    欧州5大リーグ
    BEST PLAYER
    元選手・識者たちが徹底討論!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ