【鹿島】妙に似合っていた“キャプテン”内田篤人のガッツポーズ

カテゴリ:Jリーグ

広島由寛(サッカーダイジェスト)

2018年10月04日

「たまたま近くにいた俺が付けているだけです」

2点のビハインドを背負う苦しい展開だったが、最後の最後で左腕に腕章を巻いた内田が狙いすましたシュートで決着をつけた。写真:徳原隆元

画像を見る

[ACL準決勝①]鹿島 3-2 水原三星/10月3日/カシマ
 
 待望の鹿島復帰後初ゴールは、チームを勝利に導く逆転弾だった。
 
 アディショナルタイムで得たFKの場面、ゴール前の混戦でこぼれ球に素早く反応した内田篤人が、冷静に右足のアウトサイドにかけたシュートを打ち込む。放たれたボールは相手DFに当たったが、「テンテンって」(内田)とゴールに吸い込まれていった。
 
 自身のオウンゴールを含め、早い時間帯に2点のリードを奪われる苦しい展開だった。だが、相手のオウンゴールで1点を返した後、84分にセルジーニョが同点弾を流し込む。そして、終了間際に内田が決めて、チームは劇的な逆転勝利を収める。相手にふたつのアウェーゴールを与えたのは痛かったが、それでも勝利を手にできたのは大きかった。
 
 自身にとって久々のゴールを決めた時の内田の左腕には、キャプテンマークが巻かれていた。キックオフ時は遠藤康が腕章を付けていたが、その遠藤は83分に途中交代。“キャプテン”の大役は内田に託された。
 
 鹿島というビッグクラブを背負って立つに相応しい男が、悲願のアジア制覇に向け、絶対に負けられないホームでの準決勝ファーストレグでチームを救うゴールを決めた。些細なことかもしれないが、その瞬間にキャプテンマークを巻いていたのは印象的だった。
 
 もっとも、内田本人はまったく意識していない。
 
「(キャプテンは)誰がやっても一緒だと思いますよ。ヤス(遠藤康)が長い間、ここにいるし。(永木)亮太も頑張れるし、もちろん、(小笠原)満男さんもいるし。たまたま近くにいた俺が付けているだけです」
 
 謙虚な内田らしいコメントである。ただ。ゴール後に腕章を巻いた腕で力強くガッツポーズする姿が、実に様になっていた。まだまだ連戦が続く鹿島にとって、勢いをもたらす価値あるゴールだった。
 
取材・文●広島由寛(サッカーダイジェスト編集部)

【ACL 鹿島 3-2 水原 】ATに決勝点をゲット。チームを勝利に導いた内田篤人の 厳選PHOTO

【ACL 鹿島 3-2 水原 PHOTO】内田の劇的AT弾で決着!2点のビハインドを跳ね返し鹿島が勝利

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ラグビーダイジェスト
    10月25日発売
    完全保存版
    ワールドカップ2019
    大会総集編
    全試合を徹底詳報!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト11月14日号
    10月24日発売
    2019年J1&J2全40クラブ
    先取移籍マーケット
    冬の補強戦略
    U-17W杯開幕ガイドも!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    11月7日発売
    バロンドール候補から
    知られざる実力者まで
    世界を沸かせる
    最新「HOT 100」
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.28
    7月10日発売
    「インターハイ選手名鑑」
    男子出場52校・1040選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場16校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ