• トップ
  • ニュース一覧
  • “モウ”限界! 英紙がモウリーニョの今週中の解任を予測…気になる後任はやっぱりジダン?

“モウ”限界! 英紙がモウリーニョの今週中の解任を予測…気になる後任はやっぱりジダン?

カテゴリ:メガクラブ

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年10月01日

「ウッドワードCEOは決断を下さなければならない」

チーム内で求心力が極端に低下していることが指摘されるモウリーニョ(左)。はたして、このままユナイテッドで采配を振るい続けられるのだろうか。 (C) Getty Images

画像を見る

 運命の時が刻一刻と迫っている。現在、不振に陥っているマンチェスター・ユナイテッドの指揮官ジョゼ・モウリーニョの解任騒動が熱を帯びているのだ。

 現地9月29日に行なわれたプレミアリーグ第7節のウェストハム戦で、マンチェスター・ユナイテッドは1-3と完敗。早くもリーグ戦3敗目を喫し、開幕7試合で勝点7しか挙げられなかった1989-90シーズン以来、29年ぶりの失態を犯した。

 現地9月25日のリーグカップ3回戦でも、モウリーニョは、自身の愛弟子でもあるフランク・ランパード率いるダービー・カウンティ(英2部)にPK戦の末に敗戦。チームは混迷を極めている。

 そうしたカオスな状況はピッチ内だけではない。ピッチ外では、フランス代表MFで、チームのメインキャストの一人でもあるポール・ポグバとの確執が表面化。一部報道では、クラブ内で内部分裂が起きているとも指摘された。

 ポグバの他にも一部の選手たちから反感を買っているというモウリーニョ。求心力が低下しているポルトガル人監督を取り巻く状況は最悪だ。それだけに英国メディアでは解任論が巻き起こっている。

 英紙『Daily Mail』は、クラブスタッフがウェストハム戦からマンチェスターへと戻る電車内で秘密裏にミーティングを行ない、そこで「ジョゼは今週中に仕事を失う。そのための準備をしなければいけない」という話し合いがなされたことを伝え、今週中にも解任されると見立てた。

 さらに英紙『Telegraph』は、「エド・ウッドワードCEOはモウリーニョの解雇に今のところ消極的なようだ。しかし、クラブ上層部内での批判の声が強まれば、決断を下さなければならない」と断じた。

 そこで気になるのは、モウリーニョの後釜に誰を据えるのか、である。『Telegraph』によれば、現段階でポールポジションを獲得しているのは、レアル・マドリーでチャンピオンズ・リーグ3連覇を成し遂げたジネディーヌ・ジダンだという。

 ユナイテッドの関係者が「ジダンの就任はナンセンス」と一蹴したという報道も飛び出すなか、同紙は、プライベートで英会話のレッスンを受けているというジダンは、かねてよりイングランドで指揮を執ることを望んでおり、ポグバら同胞も多いユナイテッド就任を魅力に感じているとした。

 いずれにしても、モウリーニョが苦境に立たされているのは間違いない。クビ宣告が間近に迫っているポルトガル人指揮官にとって、今週火曜日に行なわれるチャンピオンズ・リーグのバレンシア戦は、文字通り運命の一戦となるだろう。
【関連記事】
モウリーニョ派か? ポグバ派か? マンUで内部分裂が勃発! ルカクやラッシュフォードまでもが…
モウリーニョと対立報道のポグバに、「ユナイテッドからの脱出」をオファーできるクラブは?
「彼は火星人」「優勝後のカオスの中で…」元ローマ主将トッティが自伝で中田英寿との面白エピソードを告白
神戸の「バルサ化」は成功するか? 世界各地での“バルサ化失敗”の主たる原因は…
【セルジオ越後】勢力図が変わりつつあるACL。アントラーズはリベンジを果たせるか

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 夏のマーケットを読み解く!
    7月4日発売
    SUMMER TRANSFER 2024
    夏の移籍市場
    徹底攻略ガイド
    注目銘柄を総チェック
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ