「愚かで見苦しい行為だ!」金星を挙げたレガネスのGKがバルサの“振る舞い”に激高!

カテゴリ:ワールド

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年09月28日

特大の驚きを提供した一戦の試合後に…

首位バルサを撃破し、今季初白星に沸いたレガネス。だがバルサの礼を欠いた振る舞いにより、やや後味の悪い試合となってしまった。(C)Getty Images

画像を見る

 水曜日に行なわれたラ・リーガ第6節で、最下位レガネスにまさかの今シーズン初黒星を喫したバルセロナ。12分にフィリッペ・コウチーニョの先制点でリードを奪うも、52分、53分と立て続けに敵のロングボールから被弾し、1-2の逆転負け。スペインの国内メディアも「バルサが大失態!」「特大のサプライズだ」と大々的に報じた。
 
 この試合で金星の立役者となったのが、レガネスの正守護神、イバン・クエジャールだ。終了間際にレガネスはコウチーニョ、イバン・ラキティッチに2度のビッグチャンスを掴まれるも、クエジャールが神懸かりなセーブでこれをブロック。称賛の的となったのだ。
 
 しかしながら試合後のスペイン人GKは、喜びよりも怒りの感情が先だっていたようだ。タイムアップ直後のバルサの振る舞いは受け入れがたいものだったという。米スポーツ専門チャンネル『ESPN』など複数のメディアがその声を伝えている。
 
「僕たちレガネスはどんな時でも謙虚だ。試合に勝っても負けても、対戦相手へのリスペクトを忘れない。それがプロフェッショナルのあるべき態度だろう。では、今日のバルサはどうだったか。彼らは僕たちには目もくれず、挨拶を交わすこともなく、とっとと控室へと引き上げたんだ。なんて愚かで見苦しい行為だろうか。考えられない。誰も問題視しないかもしれないけど、僕はあえて声高に言わせてもらうよ」
 
 つまるところ、バルサは“バッドルーザー”だったと主張するのだ。ジェラール・ピケの判断ミスによる失点で逆転を許し、今シーズン最大の番狂わせを起こした。フラストレーションを溜めていたとはいえ、礼を欠いた行為だったのは確かだろう。

 
 クエジャールはこう試合を評した。
 
「前半は本当に苦しかったけど、後半開始からの30分間で勝負が決まった。僕たちの粘りがバルサを打ち負かしたんだ。ようやく掴んだ初勝利がバルサ相手だなんて信じられないけど、大きな自信に繋げられるだろうから、途轍もなく貴重な3ポイントになった」
 
 世界中を驚かせた一戦。それでもバルサは首位を堅持し、一方のレガネスもいまだ最下位のままと、両チームともに順位は変わっていない。
 
【関連記事】
「ずっと魔法にかかっていた!」イニエスタがついに家族5人で“夢の国”に上陸!
バルサがまさかの大失態! ピケの致命的ミスもあり2分間で2失点。最下位レガネスに逆転負けを食らう
イニエスタ、新幹線移動に感動!? グリーン車の隣席で笑顔を見せている僚友は…
「僕らは女じゃないんだから!」C・ロナウド退場で差別発言のユーベMFが緊急謝罪へ
さすが美女大国! ロシアW杯で出会った「美しすぎる」「可愛いすぎる」スタッフ!

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 夏のマーケットを読み解く!
    7月4日発売
    SUMMER TRANSFER 2024
    夏の移籍市場
    徹底攻略ガイド
    注目銘柄を総チェック
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ