柿谷曜一朗のCF起用は機能したのか?本人は「最後に自分が決めていれば」と反省したが…

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年09月15日

後半は攻め続けたが、セットプレーから1点を返したのみだった

終盤に猛攻を仕掛けたがあと1点が奪えずに勝利を逃した。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

[J1リーグ26節]C大阪1-1磐田/9月14日(金)/金鳥スタ

 何度も訪れたチャンスを仕留めることができなかった。C大阪にとって、キンチョウスタジアムの改修前ラストマッチとなった磐田戦。ぎこちなさもあった前半から一転、GKキム・ジンヒョンのイージーミスから失点した後半は攻め続けたが、セットプレーから1点を返したのみ。ACL出場圏内に食い込むために勝点3だけが欲しかったなかで引き分けに終わり、柿谷は悔しがった。
 
「最後に自分が決めていれば……。チャンスがあったなかで1-1という結果に終わったことはもったいなかったし、勝たないといけなかった。決め切れていれば、もっと楽しい試合になったんじゃないかなと。後ろの選手は頑張ってくれたんで、今日は前の選手の責任かなと思う」
 
 1トップに柿谷、2シャドーに高木と山村が入った新布陣。杉本が日本代表合宿で負傷し、急遽ふくらはぎの違和感を訴えた清武が欠場したことから生まれた攻撃ユニットだったが、序盤は機能しなかった。自陣でブロックを敷く磐田の守備が堅固だったこともあり、連動して崩す場面は見られない。唯一の決定機が、30分に一瞬のスキを突いた山口が柿谷へとスルーパスを通した場面。柿谷の切り返しが大きくなり、シュートには至らなかった。
 
「最初のタッチだったり、ちょっとのところ。自分のミスが直接、ゴールにつながらなかった原因だと思うし、そこは反省しないといけない。ああいうところでミスが出てくる。そこのタイミングだったりは、ゲームを続けて戻していくしかない。一瞬一瞬のところは、自分の中では感覚が戻ってきたつもりやから、あとは続けていくだけかなと」
 
 長身FWを重宝するユン・ジョンファン体制になってから、1トップでの先発出場は初めてだった。30分だけでなく、48分にも山口のスルーパスを活かし切れなかっただけに、少なからず感覚がズレているところもあったのだろう。ただ、最前線で動き出しながらボールが出てこない場面もあった。反応できる清武がいれば……。磐田の名波監督が1失点に守り切れた要因のひとつに「清武がいなかったのも大きかった」と振り返った言葉は、深く納得できるものだった。
 
 一方で、相手を押し込んだ後半は流れの中でもゴールが生まれかけていたように、今後への前向きな要素もあった。「チャンスはたくさんあった。1点でも多く相手より決められるようにしないといけないけど、サッカーを続けていればこういう試合はある。なにより、最後にいくところまでをもう少し詰めていければ、もっと良い攻撃ができると思うし、もっともっと可能性が広がるんじゃないかと思う」と柿谷は言う。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月16日発売
    今年も決定版が完成!
    2020-21
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 11月26日号
    11月12日発売
    “超”先取りJ移籍マーケット
    オフを賑わす主役候補10人&
    J1全18クラブの陣容予測
    引退表明の中村憲剛の特集も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    11月5日発売
    2020-2021シーズン
    プレミアリーグ
    BIG6 完全格付け
    リアル戦闘力を導き出す
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ