この男はやはり別格!“神奈川ダービー”で異彩を放った家長昭博を相手DFが賞賛

カテゴリ:Jリーグ

本田健介(サッカーダイジェスト)

2018年08月06日

華麗にふたりをかわしたシーンには拍手が

自慢のテクニックを駆使して攻撃を牽引した家長。“神奈川ダービー”の勝利に貢献した。写真:滝川敏之(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

[J1リーグ20節]川崎2-0横浜/8月5日/等々力
 
 川崎が横浜を2-0で下した“神奈川ダービー”で秀逸なパフォーマンスを見せたのが家長昭博だ。
 
 34分には「僕の動きを見て、よく出してくれた」と、後方からの守田英正の鋭いスルーパスに抜け出すと、優しいラストパスで小林悠の先制ゴールをアシスト。ただこの日、最もスタジアムを沸かせたのは27分のシーンだった。
 
 敵陣右サイドでDFと対峙した家長は、独特の間合いを取りつつ股抜きで相手をかわしてペナルティエリアに侵入すると、カバーリングに来たDFを今度は深い切り返しで置き去りにし、シュート。左足で放ったボールはわずかにゴール上に外れたが、DFふたりを華麗に抜き去ったプレーには、スタンドから拍手が送られた。
 
 この日、左SBを務め、よもや股抜きをされてしまった横浜のイッペイ・シノヅカは、苦笑いを浮かべながら件のシーンを振り返る。
 
「もうあれをやられたら、しょうがないですね。あのシーンは縦も中も切っていたんです。で、来るなら股抜きだなと読んでいたのに、自分の間合いに持ち込んで抜いてくる。『この人、上手いな』と改めて思い知らされました」
 
 もっとも当の家長はいたって冷静だ。
「あれは狙っていたというわけではなく、瞬間の判断でした。ただシュートは高くなってしまいましたし、最後を決められるようになったら、もっと成長できると思います」
 
 これまで所属してきた各クラブで“天才”と称されてきた男は、「今日は苦しい時間も長かったですが、皆が集中して戦えたのが良かったです」とチームプレーの大切さを強調したが、川崎でもやはり異彩を放っている。
 
取材・文●本田健介(サッカーダイジェスト編集部)
 
【川崎 2-0 横浜 PHOTO】川崎が横浜FMとの神奈川ダービーに2-0の完勝!
【関連記事】
【J1採点&寸評】川崎 2-0 横浜|小林悠が“神奈川ダービー”で2ゴールの大仕事!川崎のボランチコンビも躍動
「アキくんが、ケンゴさんが…」神奈川ダービーで2得点の小林悠が絶妙ラストパスのふたりを称賛
山口蛍が思うF・トーレスがJリーグでプレーする意味。だからこそ、仲間に伝えたいのは…
名古屋、0-2からの大逆転でG大阪を撃破!ジョーが来日初のハットトリック
名古屋の風間監督が珍しく笑顔!劇的な逆転勝利に「嬉しいですね。チームは成長している」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    7月15日発売
    完全保存版
    EURO2020
    大会総集編
    熱狂の全試合を網羅!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 8月12日号
    7月21日発売
    いよいよ開幕!
    東京五輪・男女サッカー
    展望&ガイド
    金メダル奪取への道筋を探る!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    7月15日発売
    EURO2020
    出場24か国の通信簿
    &欧州主要クラブ
    開幕フォーメーション大予想
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ