韓国メディアが森保ジャパンを手放しで称賛!「世代交代の信号弾」「幻想的な展開でゴールを決めた」

カテゴリ:日本代表

ピッチコミュニケーションズ

2018年09月12日

『sportalkorea』は「時間が経つにつれ、どんどん(日本の)攻撃陣の呼吸が合うようになった」と報道

若手を中心とした森保ジャパンの初陣を、韓国メディアは「コスタリカ戦の勝利は、日本にとって意味が大きい」と評価した。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 日本代表は9月11日、ホームでコスタリカと親善試合を行ない、3-0で勝利した。森保一監督の就任後、初の実戦を勝利で飾ったが、この結果は韓国でも報じられている。
 
「日本、コスタリカに3-0で完勝…森保監督のデビュー戦を勝利で飾る」(『news1』)
「“南野・伊東が連続ゴール”日本、コスタリカに3-0で完勝」(『InterFootball』)
「日本サッカー、コスタリカを3-0で大破…“地震で被災された方を励まそうと”」(『ヘラルド経済』)
 
 試合展開を詳しく振り返るメディアも多い。
『SPOTVNEWS』は、日本が序盤から主導権を握り、守備でも前線からプレスを強めてコスタリカを圧迫したと報道。特に66分に挙げた2点目に注目し、「中島→遠藤→南野とつながる幻想的な展開でゴールを決めた」と伝えている。
 
 また、『sportalkorea』は、両サイドを使った日本の攻撃に着目。「特に左サイドで中島と佐々木のコンビネーションが光っていた」「時間が経つにつれ、どんどん(日本の)攻撃陣の呼吸が合うようになった」として、日本は終始、主導権を譲らなかったと報じている。
 
 日本選手の活躍を取り上げる記事もあった。
「日本の欧州組ヤングガン3人衆、コスタリカ大破の主役」とヘッドラインを置いたのは、『MBN』だ。記事は、先制ゴールを挙げた中島、A代表初ゴールを決めた南野、後半アディショナルタイムに伊東純也が決めたダメ押しゴールの起点となるパスを出した浅野拓磨の活躍を評価。3人の経歴や受賞歴も紹介しながら、「欧州リーグで活躍する若い選手たちが勝利を牽引した」としている。
 
 一方、日本の世代交代にスポットライトを当てたのは、『スポーツ・ソウル』だ。
「日本、コスタリカに3-0の大勝…世代交代の信号弾」とした記事は、日本は攻撃的なサッカーを展開してコスタリカを圧倒していたと試合展開を振り返ったうえで、「コスタリカ戦の勝利は、日本にとって意味が大きい」として、その理由についてこう綴っている。
 
「コスタリカ戦は、日本の世代交代の始まりを知らせる試合となった。日本は本田圭佑と香川真司、岡崎慎司、長谷部誠らベテラン選手をすべて外し、若い選手たちでチームを構成した。ベストメンバーと見るのは難しいなかで、北中米の強豪を相手に大勝を収めたことは、若い選手たちが自信を持って成長するきっかけになる。より積極的に世代交代ができるという点でも、この勝利は日本にとってプラスだ」

【日本代表PHOTO】日本 3-0 コスタリカ|南野、伊東の代表初ゴールなど、3ゴールで森保監督初陣を勝利で飾る!守備陣は無失点!

【日本代表PHOTO】試合後、サポーターの声援に応える森保ジャパン!

【PHOTO】日本×コスタリカの美女サポーターたち!!

【中島翔哉PHOTO】これが日本の新10番!終始観客を魅了するプレーを見せた中島のPHOTOギャラリー!!
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月18日発売
    2021 Jリーグ選手名鑑
    全57クラブを完全収録!!
    データ満載のNo.1名鑑
    ポケット版も同時発売!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 4月8日号
    4月8日発売
    2021 J.LEAGUE
    気になる疑問に独自回答!
    Jジャッジメント
    鳥栖&新潟ダイジェストも
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月1日発売
    ストライカー
    「第3世代の衝撃」
    “新・FW黄金期"が
    まもなく到来!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ