【日本代表】初陣で若手が躍動できたワケ。森保一監督は選手たちに何を伝えたのか?

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェスト編集部

2018年09月12日

「西野監督から本当に多くのことを学ばせて頂いた」

森保監督は初陣となったコスタリカ戦で3-0の快勝を収めた。写真:山崎賢人(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

[キリンチャレンジカップ2018]日本 3-0 コスタリカ/9月11日/パナソニックスタジアム吹田
 
 日本代表の森保一監督は、コスタリカを3-0で下し、自身の初陣を勝利で飾った。
 
 森保監督が新生・日本代表のスタートとなる一戦で選んだ布陣は4-4-2。2012年から17年まで指揮した広島では3-4-2-1を基本システムとしていたが、4バックをチョイスした。その理由について、次のように説明する。
 
「今日の形をやったという部分では、私がロシア・ワールドカップにコーチのひとりとして大会に参加させて頂いて、西野(朗)監督から本当に多くのことを学ばせて頂いて、学ばせて頂いたことをこの先につなげていくという意味で、トライしてやっていきたいと思ってやらせて頂きました」
 
 あくまで、西野監督がワールドカップで築いたベースを継続するという。「預かっている選手も違いますし、それぞれの特徴をどう活かすかっていう違いがあると思います」と言葉を続けたように、指揮官は日本代表と広島はあくまで異なるチームであることを強調した。
 
 ただ、“西野流”を引き継ぐとはいえ、選手たちの顔ぶれは大きく変化した。中島翔哉、南野拓実、堂安律などを筆頭に多くの若手がピッチに立っており、ロシアで激戦を演じたスタメンとはメンバーがガラリと変わっている。
 
 それでも、多くのチャンスに絡んだ24歳の中島が先制点を演出し、23歳の南野は代表初ゴールを記録。途中出場した25歳の伊東純也も見事なダメ押し弾を決めるなど、若手が好パフォーマンスを見せたのは大きな収穫だっただろう。
 
 なぜ大幅にメンバーが変わりながら、若手たちが躍動できたのだろうか。森保監督は選手たちに伝えたことを明かしてくれた。
 
「選手それぞれが持っている特長をチームの戦い方の中で出してほしい。そこを選手たちは積極的にプレーしてくれたと思います。選手たちにはさらに多くを要求して積み上げて、少しでも大きく成長してほしいと思います。今日は選手たちに話をしましたけど、自分らしさを最大限に発揮してほしいと伝えました。それと同時に周りと支え合ってつながりあってプレーすることも、自分の良さを出せるところじゃないかとも選手に話して、そこを実践してくれたのは良かったと思います」
 
 組織があってチームメイトもいて、そのなかで“自分らしさ”を最大限に発揮する。コスタリカ戦で有望なヤングプレーヤーたちが躍動できたのは、指揮官のそんな言葉があったからだろう。
 
 若手を起用し、ポテンシャル引き出したうえでの3発快勝。世代交代を推し進める森保ジャパンは理想的な船出を見せた。

【日本代表PHOTO】日本 3-0 コスタリカ|南野、伊東の代表初ゴールなど、3ゴールで森保監督初陣を勝利で飾る!守備陣は無失点!

【日本代表PHOTO】試合後、サポーターの声援に応える森保ジャパン!

【PHOTO】日本×コスタリカの美女サポーターたち!!

【中島翔哉PHOTO】これが日本の新10番!終始観客を魅了するプレーを見せた中島のPHOTOギャラリー!!
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月18日発売
    2021 Jリーグ選手名鑑
    全57クラブを完全収録!!
    データ満載のNo.1名鑑
    ポケット版も同時発売!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 4月8日号
    4月8日発売
    2021 J.LEAGUE
    気になる疑問に独自回答!
    Jジャッジメント
    鳥栖&新潟ダイジェストも
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月1日発売
    ストライカー
    「第3世代の衝撃」
    “新・FW黄金期"が
    まもなく到来!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ